宇宙からの地球観測―地球物理量の計測原理

個数:
  • ポイントキャンペーン

宇宙からの地球観測―地球物理量の計測原理

  • ウェブストアに35冊在庫がございます。(2021年11月28日 06時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 245p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784501334505
  • NDC分類 450.7
  • Cコード C3055

出版社内容情報

地球の物理量(温度・周波数など)を宇宙から計測し、地球の状態を把握する技術について、初学者向けに体系立ててまとめたテキスト。人工衛星によるデータの取得や原理、データの処理法について解説。JAXAに所属し長年にわたり宇宙の研究に携わった著者ならではの視点でまとめた。

目次

地球観測とは
観測対象としての地球
太陽系と地球の時計
地球を回る人工衛星の運動と座標系
人工衛星の軌道と太陽同期準回帰軌道
受動型センサ
能動型センサ
観測対象物の位置の決定
オルソ変換と地図投影
人工衛星の追跡とデータ受信
校正
後方散乱係数の分布と特徴
干渉SAR
種々のセンサと環境変化の事例集
GNSS衛星と位置計測
DEM
分類
あとがき

著者等紹介

島田政信[シマダマサノブ]
京都大学工学部航空工学科卒業(1977年)、同大学大学院工学研究科修了(1979年)、東京大学(博士(工学)、1999年)。1979年4月~2015年3月まで宇宙航空研究開発機構(JAXA)。元JAXA ALOSサイエンスマネジャー。2015年4月以降、東京電機大学理工学部建築・都市環境学系教授。Sigma‐SAR研究所共同創業者。専門はSAR(航空機、衛星)の画像化処理、校正、干渉SAR解析、ポラリメトリックSAR、全球森林解析などを専門とする。IEEE Distinguished Achievement Award 2018受賞、内閣総理大臣賞など受賞多数。IEEE Geoscience and Remote Sensing学会(Fellow、2011年~)、日本リモートセンシング学会、日本測地学会、会員。論文多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Go Extreme

1
地球観測とは: 観測対象と人工衛星 人工衛星の歴史 観測機器と観測方法 観測対象としての地球 太陽系と地球の時計 地球を回る人工衛星の運動と座標系 人工衛星の軌道と太陽同期準回帰軌道 受動型センサ 能動型センサ 観測対象物の位置の決定 オルソ変換と地図投影 人工衛星の追跡とデータ受信 校正 後方散乱係数の分布と特徴 干渉SAR 種々のセンサと環境変化の事例集 GNSS衛星と位置計測 DEM 分類2021/11/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18416307

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。