自選 坂村真民詩集 (新装版)

個数:

自選 坂村真民詩集 (新装版)

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ B6判/ページ数 220p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784500007363
  • NDC分類 911.56
  • Cコード C0092

内容説明

“生きること”の喜びと哀しみを感動のうちにうたいあげる坂村真民。“念ずれば花ひらく”や“二度とない人生だから”など初期の作品の中から著者自らが選んだ珠玉の詩305篇を収録。真民詩集の決定版。

目次

六魚庵天国
三昧
かなしきのうた
観音草
アジアの路地
赤い種
静かな愛
朝の眼の中に
春の泉
梨花
川は海に向つて
もつこすの唄
海から海に立つ虹

著者等紹介

坂村真民[サカムラシンミン]
1909年(明治42年)1月6日熊本県生まれ。熊本県立玉名中学校卒業。神宮皇学館入学。昭和4年岡野直七郎師の主宰する蒼穹に入会し短歌に専心。昭和12年「与謝野寛評伝」を書き蒼穹社より刊行。21年佐伯秀雄氏と歌誌「海燕」を発刊。25年1月個人詩誌「ペルソナ」(現在詩国)を創刊し、以後詩作に専念。26年4月、第一詩集「六魚庵天国」。平成18年12月11日永眠(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。