観無量寿経を語る

個数:

観無量寿経を語る

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年06月22日 03時16分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 234p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784500006816
  • NDC分類 183.5
  • Cコード C0015

内容説明

極楽浄土―その世界に憧れるのは人間自然の本能か?その願いに応える『観無量寿経』の真髄を語り尽くす。

目次

上巻 観無量寿経(このお経の説かれた時に就て;このお経の題号に就て;釈尊・耆闍崛山上に在す時の事;;太子のために幽閉された頻婆裟羅王とその妃韋提希との事ども ほか)
中巻 阿弥陀経
下巻 山川草木悉皆成仏の説―求道を題目とする我等が愚問愚答(文学としての仏典;観経序分のなかにひそめる仏教的見解;浄土への憧憬を;「極楽往生はお願せぬという男」 ほか)
童話 温故の木

著者等紹介

佐藤春夫[サトウハルオ]
1892年(明治25)和歌山県東牟婁郡新宮町(現新宮市)に生れる。生田長江・与謝野寛・永井荷風らに師事し、詩人として文学活動を開始する。後に小説「田園の憂鬱」(1919年)で作家としての地位を築く。また文芸時評・文学史論に多くの業績を残す。読売文学賞受賞。文化勲章受章。1964年(昭和39)没。七二歳
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。