日本陸軍戦闘機隊―戦歴と飛行戦隊史話

個数:

日本陸軍戦闘機隊―戦歴と飛行戦隊史話

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年03月04日 10時06分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A4判/ページ数 312p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784499233576
  • NDC分類 396.21
  • Cコード C0076

出版社内容情報



秦郁彦[ハタイクヒコ]
著・文・その他

伊沢保穂[イザワヤスホ]
著・文・その他

内容説明

第1次世界大戦集結直後にフォール航空団を招聘してはじめて近代的一歩を踏み出した日本陸軍航空は、同時に戦闘機という機種の保有整備に乗り出す。そして、昭和12年9月に中国大陸で初陣を飾った陸軍戦闘隊は、ノモンハン事件での苦い戦訓を得て太平洋戦争開戦を迎え、昭和20年8月の終戦まで大陸で、また南太平洋で戦い続けた。本書は日本陸軍戦闘隊のなかでも、とくに飛行戦隊という戦術単位に目を向け、各部隊の戦歴を人物を紹介するものである。

目次

第1部 日本陸軍戦闘隊戦史(陸軍戦闘隊の創設と発展;日華事変とノモンハン事件;太平洋戦争緒戦;ニューギニア航空戦;ビルマ方面の戦い;中国戦線;比島決戦;本土防空戦;沖縄決戦と本土上空最後の戦い)
第2部 戦闘飛行戦隊史(戦闘飛行戦隊の部隊マークと塗装;各戦闘飛行戦隊史)

著者等紹介

秦郁彦[ハタイクヒコ]
昭和7年(1932年)、山口県に生まれる。昭和31年、東京大学法学部卒業。ハーバード、コロンビア大学留学を経て、防衛研修所教官、大蔵省財政史室長、プリンストン大学客員教授、拓殖大学、千葉大学、日本大学法学部各教授を歴任。法学博士。平成5年、菊池寛賞受賞

伊沢保穂[イザワヤスホ]
昭和18年(1943年)、東京生まれ。昭和45年、東京大学医学部卒。昭和61年、東京三鷹に眼科を開業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kaz

1
実際の飛行機のもう少し写真が多いかと思っていたが、タイトルどおり戦隊の話が主。それでも、隼、鍾馗、飛燕、疾風などプラモデルで作ったことのある戦闘機の写真には引き込まれるものがある。図書館の内容紹介は『日本陸軍航空のなかにあって「戦闘隊」と呼ばれた戦闘機隊の歴史を、航空戦史研究家の第一人者である秦郁彦・伊沢保穂が書き記す。大陸で、また南太平洋で戦い続けたその姿を通史と部隊ごとの戦史で紹介する』。2022/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20015781
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。