海軍零戦隊撃墜戦記〈3〉撃墜166機。ラバウル零戦隊の空戦戦果、全記録。

個数:

海軍零戦隊撃墜戦記〈3〉撃墜166機。ラバウル零戦隊の空戦戦果、全記録。

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784499231237
  • NDC分類 391.28

内容説明

南太平洋上空での零戦と連合軍航空隊、双方の撃墜と損害の記録を調査照合して零戦による真の撃墜戦果を描き出した空戦シリーズ第3巻。

目次

12月、爆装零戦大挙出動大戦果を報告する!?(12月上旬「敵を見ない空」、そして撃墜戦果の上がらない空戦;「無訓練必中爆撃法」マーカス岬に向かう零戦特攻隊;「米軍は午後になってから出て来る」。零戦「特別攻撃隊」ふたたびマーカス岬に出撃 ほか)
昭和19年1月、続々と誕生するエース。ラバウル防空戦、最高潮へ(カビエン空襲、初空戦で悪戦苦闘する第二航空戦隊;三号爆弾、遂に重爆を仕留める!!米軍記録から見つかったB‐24撃墜の確証;「クジラ40、メダカ40、西に向かう」二〇一空、ラバウル上空、最後の空戦戦果 ほか)
2月、ラバウル航空隊、最後の奮戦(海兵隊のトップエースをまたも撃墜。さらに新着部隊の新型コルセアも一蹴;「ドン、ドン!もっと寄って来い!もっと寄れ!」VF‐17痛恨の損害をこうむる;「高空掩護機の上空で自由に戦える掩護戦闘機がいる」打ち続く零戦隊の勝利。 ほか)

著者紹介

梅本弘[ウメモトヒロシ]
1958年茨城県生まれ、武蔵野美術大学卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)