リハビリテーション栄養Q&A

個数:

リハビリテーション栄養Q&A

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 135p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784498067141
  • NDC分類 498.58
  • Cコード C3047

目次

1 入門編(リハ栄養とはなんですか。なぜリハで栄養が重要なのですか。;リハをしている人には低栄養が多いのですか。;低栄養の原因はなんですか。 ほか)
2 知識編(侵襲の異化期と同化期とはなんですか。なにが違うのですか。;悪液質=ターミナルではないのですか。悪液質のステージ分類を教えてください。;在宅で検査ができません。それでも栄養状態を評価できますか。 ほか)
3 実践編(低栄養の時はどの程度活動すればよいのですか。;嚥下リハで経口摂取可能になりましたが、1日エネルギー必要量に届かない時はどうしますか。;サルコペニアでも慢性腎臓病(CKD)の場合には低蛋白食にすべきですか。 ほか)

著者紹介

若林秀隆[ワカバヤシヒデタカ]
1995年横浜市立大学医学部卒業。日本赤十字社医療センター内科研修医。1997年横浜市立大学医学部附属病院リハビリテーション科。1998年横浜市総合リハビリテーションセンターリハビリテーション科。2000年横浜市立脳血管医療センターリハビリテーション科。2003年済生会横浜市南部病院リハビリテーション科医長。2008年横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科助教(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)