誰も教えてくれなかった癌臨床試験の正しい解釈

個数:
  • ポイントキャンペーン

誰も教えてくれなかった癌臨床試験の正しい解釈

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 242p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784498022508
  • NDC分類 494.5

目次

1 非劣性試験(非劣性試験とは何か;FACS trialについて ほか)
2 中間解析と試験の中止、結果公表(CALGB9633の中間解析結果;2004年当時の私の批判 ほか)
3 個別化治療について(誤った「個別化治療の証明」;予後因子と予測因子が意味するもの ほか)
4 臨床試験におけるエンドポイント(「真の」エンドポイントとそのサロゲート;PFSなどの指標の定義 ほか)

著者紹介

里見清一[サトミセイイチ]
臨床医。本名・國頭英夫(くにとう・ひでお)。三井記念病院呼吸器内科科長。昭和36年鳥取県米子市生まれ。昭和61年東京大学医学部卒業。東京大学第四内科、東京都立墨東病院救命救急センター、横浜市立市民病院呼吸器科、国立がんセンター中央病院内科などを経て平成21年3月より現職。日本癌学会・日本臨床腫瘍学会・日本肺癌学会評議員、厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品等安全対策部会委員、杏林大学客員教授

吉村健一[ヨシムラケンイチ]
統計家。京都大学医学部附属病院探索医療センター検証部特定助教。昭和51年愛知県碧南市生まれ。平成17年東京大学大学院医学系研究科博士後期課程修了(専門:生物統計学/疫学・予防保健学)。国立がんセンターがん予防・検診研究センター情報研究部、同がん対策情報センター臨床試験・診療支援部医学統計室、日本臨床腫瘍研究グループ(JCOG)データセンター統計部門などを経て平成20年5月より現職。西日本がん研究機構(WJOG)統計顧問、国立病院機構名古屋医療センター客員研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)