東方選書<br> 地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国

個数:

東方選書
地下からの贈り物―新出土資料が語るいにしえの中国

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年06月16日 11時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 363p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784497214119
  • NDC分類 222.02
  • Cコード C0322

内容説明

二〇〇〇年前の人びとは何をどのように食べていたのか。曹操や諸葛孔明が活躍する裏側で、庶民はどのように暮らしていたのか。戦地から母親に宛てた手紙の内容とは。墓地や井戸から発見された木簡・竹簡をはじめとする文字資料、画像石などの絵画資料、さらに刀銭、楽器、壷などを含めた出土品は、さまざまなことを語りかけてくる。気候の変動、文字の変遷、儒教の拡大と発展、大昔の裁判と刑罰の実態、官吏の仕事ぶり、占いとゲームの関係…。近年飛躍的に増加している中国の新出土資料。これらを使って何がわかるのか、どこからどのようなものが出てきたのか。歴史・文学・思想・考古・医学など多方面にわたる研究者が最新の成果を紹介する。

目次

第1章 出土資料でわかること(地下の文書館を掘る;殷周時代の文字資料―甲骨文・金文;ベールを開いた「法治」;大昔の犯罪捜査と裁判を覗く;王様と暦 ほか)
第2章 どこから何が出てきたか(敦煌・トゥルファン(甘粛省・新疆ウイグル自治区)
エチナ~居延(内蒙古自治区)
馬王堆(湖南省)
銀雀山(山東省)
鳳凰山(湖北省) ほか)

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件