客家と中国革命―「多元的国家」への視座

個数:

客家と中国革命―「多元的国家」への視座

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 390p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784497210159
  • NDC分類 389.22
  • Cコード C0022

内容説明

〓(とう)小平、朱徳、葉剣英…、革命史に名立たる人物を数多く輩出しながら、中国共産党がその歴史から客家を排除してきたのはなぜか?客家を切り口として、現代中国の諸問題に迫る。

目次

1 客家の実像―歴史と革命の中で(客家伝説の誕生;客家のルーツを探る;客家社会の形成と発展 ほか)
2 「客家」再発見の旅―革命の故地で考える(はじめに―「客家」取材ノートから;四川省広安―〓(とう)小平「客家説」を追う
江西省井岡山―毛沢東と「客家の緑林」たち ほか)
3 対論 なぜ今、客家に注目するのか(矢吹晋×藤野彰)(土楼の起源について;中国共産党史から消された客家;日本、そして中国における客家認識 ほか)

著者紹介

矢吹晋[ヤブキススム]
1938年、福島県生まれ。62年、東京大学経済学部卒業。東洋経済新報記者、アジア経済研究所研究員を経て、横浜市立大学教授(2004年定年)、横浜市立大学名誉教授。財団法人東洋文庫研究員、21世紀総研ディレクターなどを務める

藤野彰[フジノアキラ]
1955年、東京都生まれ。78年、早稲田大学政治経済学部卒業。同年、読売新聞社入社。86~87年、山東大学に留学。上海、北京特派員、シンガポール支局長、中国総局長などを経て、2006年より東京本社編集委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)