中国の開港と沿海市場―中国近代経済史に関する一視点

個数:

中国の開港と沿海市場―中国近代経済史に関する一視点

  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 204,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784497206022
  • NDC分類 332.22
  • Cコード C3022

目次

序論 中国の開港と沿海市場
第1章 開港後における外国貿易品流通機構の一考察―ギルドの流通支配を中心として
第2章 十九世紀後半期、中国沿岸部の市場構造―「半植民地化」に関する一視点
第3章 広東省潮州地方における砂糖貿易の展開と地域社会―汕頭港の流通状況を中心として
第4章 十九世紀中葉、上海における豆規銀本位制の成立について―中国在来の地域的通貨金融機構の一考察
付篇 もう一つの上海案内―魔都・上海戦・豫園

著者紹介

宮田道昭[ミヤタミチアキ]
1951年、東京都生まれ。1973年、明治大学文学部(東洋史専攻)卒業。1980年、明治大学大学院文学研究科単位修得退学。中国・華東師範大学留学を経て、神戸女学院大学文学部助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)