モンゴルにおける都市建築史研究―遊牧と定住の重層都市フフホト

個数:

モンゴルにおける都市建築史研究―遊牧と定住の重層都市フフホト

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年09月27日 05時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。New!!
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 311,/高さ 22cm
  • 商品コード 9784497205032
  • NDC分類 522.26

目次

序章 清朝藩部から近代へのまなざし
第1章 モンゴル王権およびチベット仏教治下の「遊牧都市」
第2章 中継貿易都市の形成とその空間構造
第3章 綏遠城の空間構造と変容
第4章 都市と建築の「近代」への変容
終章 異文化・異文明を受容するアジアの近代

著者紹介

包慕萍[バオムピン]
1968年、中国内モンゴル自治区シリンゴル盟生まれ。モンゴル名ボルジギン・アルンナ。1995年、上海同済大学建築歴史専攻修士修了。瀋陽建築工程学院講師を経て来日。2003年、東京大学大学院博士課程修了。博士(工学)。博士論文「モンゴル地域フフホトにおける都市と建築に関する歴史的研究(1723‐1959)」により第2回井植記念アジア・太平洋研究賞を受賞。日本学術振興会外国人特別研究員

出版社内容情報

遊牧都市から定住都市への変容を探る