Do books<br> メディアを動かすプレスリリースはこうつくる!―費用ゼロ!経験ゼロ!でも成功する

個数:

Do books
メディアを動かすプレスリリースはこうつくる!―費用ゼロ!経験ゼロ!でも成功する

  • ウェブストアに33冊在庫がございます。(2019年08月19日 16時34分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 199p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784495592813
  • NDC分類 674
  • Cコード C2063

内容説明

あなたは無駄な広告費をかけていませんか?記者に「伝えたい!」と思わせる!「他人に言いふらしたくなるネタ」を新聞・雑誌・テレビなどにリリースして、流行を巻き起こそう!成功したリリース“生”原稿満載。

目次

PROLOGUE 心を動かすプレスリリースの秘訣を大公開!
1 プレスリリースの成功は準備から
2 新聞記者やテレビ番組制作者が欲しがっているもの
3 ストーリーを組み立てる
4 リリース原稿の組み立てに沿って書く
5 さあ、リリース開始!
6 効果的な取材対応、そしてどんどん波及させていこう
7 成功事例で見るプレスリリース
EPILOGUE プレスリリースはコミュニケーション

著者等紹介

福満ヒロユキ[フクミツヒロユキ]
広報ジャーナリスト・プレスリリースアドバイザー。中小企業庁管轄中小企業応援センター登録専門家。英語も使いこなすコピーライター・広告プランナーでありエンターテインメントプレゼンター。メディアを動かしクライアントに取材を呼ぶプロフェッショナル。全国にクライアントを持ち、広報プラン作成や広報室の立ち上げなど、多種多様な業界の広報に関する相談を受けている。新聞への掲載・TV番組での報道の成功率は93.7%と日本でも有数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

費用ゼロ!経験ゼロ!でも成功する「プレスリリース」のつくり方を解説。
「他人に言いふらしたくなるネタ」を新聞・雑誌・テレビなどにリリースして、記者の心を動かし、取材・掲載してもらう。そして、情報を見た消費者がクチコミで流行を巻き起こす! そう、流行はつくれるのです!
本書では、プレスリリースのネタの見つけ方、情報を裏付けるストーリーのつくり方、「目に飛び込む」リリース原稿の組み立て方、最適なリリース先媒体の選び方、掲載率をグンと上げるツールの準備、リリースリストのつくり方・育て方、成功する取材対応術、リリースを一過性のものにしない方法、掲載後に仕掛けるメディアミックスの方法などを、初心者でもチャレンジしやすいようわかりやすく、テンポよく解説。
メディアにアクションを起こさせる「伝わる」プレスリリースのテクニックを大公開!

【目次】
PROLOGUE 心を動かすプレスリリースの秘訣を大公開!
CHAPTER1 プレスリリースの成功は準備から
CHAPTER2 新聞記者やテレビ番組制作者がほしがっているもの
CHAPTER3 ストーリーを組み立てる
CHAPTER4 リリース原稿の組み立てに沿って書く
CHAPTER5 さあ、リリース開始!
CHAPTER6 効果的な取材対応、そしてどんどん波及していこう
CHAPTER7 成功事例で見るプレスリリース
EPILOGUE プレスリリースはコミュニケーション

【著者略歴】
福満ヒロユキ(ふくみつ ひろゆき)
中小企業庁管轄中小企業応援センター登録専門家
広報ジャーナリスト・プレスリリースアドバイザー
英語も使いこなすコピーライター・広告プランナーでありエンターテイメントプレゼンター。メディアを動かしクライアントに取材を呼ぶプロフェッショナル。全国にクライアントを持ち、広報プラン作成や広報室の立ち上げなど、多種多様な業界の広報に関する相談を受けている。新聞への掲載・TV番組での報道の成功率は93.7%と日本でも有数。
日本全国の商工会議所でのセミナー、企業研修の講師としても活躍中。笑いと感動を織り込んだエンターテイメントスタイルでの講演はリピーターも多い。東京・大阪で開催されているエンターテイメント・プレゼンター養成スクールでは代表であり、メイン講師を務めている。また、自ら「劇団●TENPACHI」を主宰し、脚本・演出・プロデュースをこなしている。
最近では「世界の注目を日本に」というスローガンのもと、日本の文化・製品・サービス・企業を海外に向けてプロモーションを行なう事業にも力を入れている。面白いネタを「舞台化して消費者向け広報戦略に組み込む」という独自の手法を国内だけでなく海外にも積極的に行なっている。ちなみに、海外では体格と髪の毛の色から「グリズリー(灰色熊)」のニックネームで呼ばれている。