Do books<br> ビジュアル図解 東京「風景印」散歩365日―郵便局でめぐる東京の四季と雑学

個数:
  • ポイントキャンペーン

Do books
ビジュアル図解 東京「風景印」散歩365日―郵便局でめぐる東京の四季と雑学

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 23時22分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 197p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784495586010
  • NDC分類 693.8

内容説明

「風景印」は、小さくて大きな百科事典である。歴史、文化、芸術、観光、物産、伝説、民俗、伝統芸能、何よりなつかしい人情を教えてくれる。「風景印」収集を熟知した著者による、「風景印」の面白さ、楽しみ方、集め方、そして軽妙な東京散歩日記。

目次

春―東京は文字通り花の都だった(4月・名所23連発、今年の桜に悔いはなし;5月・近藤が逝き、芭蕉は旅立つ)
夏―祭りだ、花火だ、東京だ(6月・雨ニモ負ケズ花メグリ;7月・花火大会で夏本番;8月・行く夏を惜しむ阿波踊り)
秋―新旧文化が層を成す東京(9月・旧街道と超高層ビルの谷間を;10月・都電沿線と文化薫る秋祭り;11月・銀杏色づく東京の街並み)
冬―東京で和を意識する(12月・東京タワーと師走の築地;1月・初詣と大相撲初場所;2月・寒中の神事と梅の花;3月・歌舞伎を知って、再び春)
風景印めぐりマップ東京23区

著者紹介

古沢保[フルサワタモツ]
1971年2月26日生まれ、東京都出身。千葉大学文学部卒。会社員、雑誌記者を経て98年よりフリーライターとして活動。ジャンルは問わぬ何でも屋。著名人のインタビュー1000本以上、「JUNON」などでTVコラムを執筆。03年に『風景印散歩 東京の街並み再発見』(日本郵趣出版)を刊行後、風景印普及活動を実施(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)