格差社会論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 218p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784495465414
  • NDC分類 361.8
  • Cコード C2033

内容説明

さまざまな視点から「格差」の実態とその影響を考える!格差社会論は多次元にわたりさまざまなテーマで論じられている。本書では、経済統計学、社会保障論、加齢経済論、社会開発論、アジア経済論、文化人類学など、執筆者たちの独自の視点や方法論によって格差を捉え、その対策などについても検討しつつ、わかりやすく解説していく。

目次

第1部 日本編(日本の所得格差と格差測定の方法;雇用格差と健康格差;世代間格差;格差と貧困)
第2部 アジア編(タイにおける経済的不平等と社会的排除;中国における所得格差拡大に伴った貧富の格差問題;インドの経済開発と帰依の経済学:その固定と流動をめぐって)

著者等紹介

野崎明[ノザキアキラ]
東北学院大学経済学部教授(社会開発論)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。