ウォーレスの監査論―自由市場と規制市場における監査の経済的役割

個数:
  • ポイントキャンペーン

ウォーレスの監査論―自由市場と規制市場における監査の経済的役割

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 17時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 116p/高さ 22X16cm
  • 商品コード 9784495154011
  • NDC分類 336.97

内容説明

会計実務の向上に最も貢献した文献に与えられるワイルドマン賞を受賞。監査を経済的サービスとしてとらえ、経済社会における監査、とくに公認会計士監査の役割や限界を鋭く指摘する注目の「経済学的」監査論。監査論や会計学研究者のみならず経済学や財務論研究者にも有益な示唆を提示。学生のテキストとしても大好評。

目次

市場による証拠
エージェンシー理論―スチュワードシップ(モニタリング)仮説
情報仮説
保険仮説
生産物としての監査の属性
情報経済学―監査のコストとベネフィット
監査の供給
規制についての一見解

出版社内容情報

監査を経済的サービスとして捉えて、経済学および財務論を基礎に経済社会全体の中での監査の役割や限界を解説。監査論、会計学を志向する研究者、学生、職業会計人に好適の書。