空から見える、あの子の心

個数:

空から見える、あの子の心

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年04月21日 14時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 344p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784494020768
  • NDC分類 K933
  • Cコード C8097

出版社内容情報

エイプリルは、まわりの子たちが恋やおしゃれに目ざめていく様子についていけない。
同級生と距離をとりたくて、休み時間に年下の子のお世話をするボランティアをはじめた。気にかかるのは、校庭をひとりでうろうろと歩き回ったり、寝そべったりする男の子、ジョーイ。いったい何をしているのだろう? 

ある日、エイプリルはジョーイが足で校庭に巨大な絵をかいていることに気がつく。渦巻き、タイガー、ピザ、雪の結晶……ジョーイのかく絵は壮大なアートだ!そんなジョーイを、そっと見守るエイプリルだが、ひょんなことから絵のことが学校中にしれわたり、ジョーイにとんでもない依頼がまいこむ……。
自閉的な性格で、自分の言葉で気持を伝えることが苦手なジョーイ。そんなジョーイを理解しようと向き合う少女エイプリル。ふたりの出会いが、学校をまきこんだおおごとに発展していく!

内容説明

いつもひとりぼっちで不思議な行動ばかりするジョーイ。ジョーイのことをずっと見つめていたエイプリルは、すてきな秘密を発見する!!見ている景色はみんなちがうけれど、歩みよることはできる―だれかと真剣にむきあうとき、すてきな物語が生まれる。

著者等紹介

ピアソル,シェリー[ピアソル,シェリー] [Pearsall,Shelley]
アメリカのオハイオ州在住。ウースター大学で文学士号、ジョンキャロル大学で教育修士号を取得。中学教師や歴史博物館の学芸員を経て作家になる。デビュー作である『彼方の光』(原題Trouble Don’t Last/偕成社)で、優れた児童・ヤングアダルト向けの歴史小説に贈られる「スコット・オデール賞」を受賞

久保陽子[クボヨウコ]
鹿児島県生まれ。東京大学文学部英文科卒業。出版社で児童書編集者として勤務ののち、翻訳者になる

平澤朋子[ヒラサワトモコ]
東京都生まれ。武蔵野美術大学卒業。児童書の挿絵や装画、雑誌、広告などで活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

68
児童書。YA。6年生のエイプリルは、夏休みの後友達が派手系になり驚く。友達付き合いの苦手なエイプリルは、ランチの時間を避けるためにボランティアで下級生のお世話をする係になった。校庭のベンチで下級生を見守る。4年生のジョーイバードは、とびきり変わり者だった。校庭をひとりでウロウロと歩き回り、地面に寝転ぶ。ずっとジョーイを気にしていたエイプリルは突然気付く。ジョーイは、巨大な地上絵を見事に書き上げる天才だった。▽人と真剣に向き合うことの素晴らしさ、ものの見方は様々であることを思い出させてくれる。主人公が優等生2022/03/14

おはなし会 芽ぶっく 

11
『おすすめ!世界の子どもの本 2022』JBBY選 で紹介されている読みもの。 小6のエイプリルとビーナは、ランチの時間運動場で4年生の見守り係になる。そこで出会ったジョーイが地面に不思議な絵を描いていることに気づき…。2023/05/04

Incisor

6
6年生のエイプリルは、4年生の休み時間に校庭のベンチに座って見守りをする係になった。不思議な行動を続けるジョーイから目がはなせなくなったエイプリルは、少しずつジョーイの特性を理解していく。あるときあっと驚く発見をして、それがエイプリルとジョーイと周囲を魔法のようにかえていく。誰かと真剣にむきあい、さまざまな視点をもつこと、想像力を広げることの大切さが豊かに伝わってくる物語だった。「予想している範囲のことしか見えない」という気づきにはっとさせられ、フィールドにえがかれた一瞬の芸術に心がふるえた。2022/05/11

読生

3
いいんだよ。誰が校庭に寝そべっていても。 誰よりも秀でた能力がなくっても。 大人が分かりやすく危うくて本当に怖いな。 人の話を聞かないタイプの大人たちが揃ってる。 大人は分かってくれない。分かってくれるのは普段目立たない所にいる縁の下の力持ちだけ。 よくあるタイプと言えばよくあるタイプ。 2023/06/22

くくクルン

3
エイプリルは、まわりの子たちが恋やおしゃれに目ざめていく様子についていけない。同級生と距離をとりたくて、休み時間に年下の子のお世話をするボランティアをはじめた。気にかかるのは、校庭をひとりでうろうろと歩き回ったり、寝そべったりするジョーイ。ジョーイが足で校庭に巨大な絵をかいていることに気がつく。 ある日、ひょんなことから絵のことが学校中にしれわたり、ジョーイにとんでもない依頼がまいこむ……。 自閉的な性格で、自分の言葉で気持を伝えることが苦手なジョーイ。 キラリと光る個性をもった子に気づける人の優しさだ。2023/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18933580
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。