日・中・韓平和絵本<br> 京劇がきえた日―秦淮河・一九三七

個数:

日・中・韓平和絵本
京劇がきえた日―秦淮河・一九三七

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2021年09月25日 06時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 34p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784494019656
  • NDC分類 E
  • Cコード C8797

内容説明

1937年、南京の少女の家に泊まった京劇役者は、少女に京劇の想い出と髪飾りを残して去って行った。戦時中の南京と人びとを描いた絵本。

著者等紹介

姚紅[ヤオホン]
1961年南京生まれ。南京芸術学院美術系(学部)中国画専門課程卒業。江蘇少年児童出版社の編集責任者を経て、現在は南京芸術学院美術学院挿画系教授。中央教育科学研究所早期教育センター美術顧問を兼任。絵本『もじゃもじゃあたまの女の子』『明珠』は、全国優秀少年児童読み物一等賞受賞

中由美子[ナカユミコ]
長崎市生まれ。ふとしたことから中国語に出会い、中国児童文学と幸せな出会いをして現在に至る。日中児童文学美術交流センター理事(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

Aya Murakami

98
図書館本 南京大虐殺の本。美しい京劇が戦乱によって破壊されてしまう。いつの世も戦乱は芸術の敵なのですね。原田マハさんのゲルニカ小説を思いだしました。2019/12/25

ヒラP@ehon.gohon

24
戦争が迫ってくる南京の町で演じられた最後の京劇。芸能が戦争に押しつぶされていく際に、とても素晴らしい輝きを見ました。 日本は攻める側です。 日本は決して被害者でなかった事に胸が傷みます。 事実認識を忘れてはいけないと思いました。2020/08/24

たまきら

16
おうちに京劇の人気役者が泊まりに来た。女の子のどきどき、美しい役者さんとの毎日が楽しくつづられます。けれども街の至る所にプロパガンダが貼られ、嫌な予感を感じさせます。そして…。何も非難しない、淡々とした日々の表現が、逆に日常を失う恐ろしさを伝えてくれます。2015/09/17

ナハチガル

14
作品としてはもう一つだったが、皆さんのレビューが読み応えがあった。こういうことは珍しい。平和絵本というシリーズ名からその意図はわかるし、評価したくもあるが、各方面への配慮か忍ばれてもどかしくもある。この絵本を読んだ日本の子どもたちは何を思うのだろう。風景とモブの絵が秀逸なだけに惜しい。B。2021/03/26

どあら

14
図書館で借りて読了。2020/02/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2454292

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。