童心社のおはなしえほん<br> ねこなんていなきゃよかった

個数:

童心社のおはなしえほん
ねこなんていなきゃよかった

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2021年10月18日 07時45分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 34p/高さ 21X23cm
  • 商品コード 9784494016358
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

ねこのももちゃんが死んだ。友だちがやさしくしんぱいしてくれるので、ついつよがり「はじめから、ねこなんていなきゃよかった」といってしまった。でも家にかえると、ももちゃんはもういない。みんながくらいかおをしていたら、かあさんがいった。「かなしいのはあたりまえ。みんな、なきましょ」すると、ももちゃんの思い出が次々よみがえってきて……かわいがっていた猫の死をきちんと受け止め、悼むことの大切さを描く絵本。

内容説明

悲しいときには、泣いていいんだ。じゃれたり、あまえたり、いたずらしたり…いつもとなりにいてくれた、ねこのももちゃん―いのちの愛おしさ、あたたかさがつたわってくる絵本。

著者等紹介

村上しいこ[ムラカミシイコ]
三重県生まれ。『かめきちのおまかせ自由研究』(岩崎書店)で日本児童文学者協会新人賞、『れいぞうこのなつやすみ』(PHP研究所)でひろすけ童話賞、『うたうとは小さないのちひろいあげ』(講談社)で野間児童文芸賞を受賞

ささめやゆき[ササメヤユキ]
東京都生まれ。1970年代にパリやニューヨークで絵を学び、帰国後、本の挿画などを手掛ける。『ガドルフの百合』(宮沢賢治・作/偕成社)で小学館絵画賞、『あしたうちにねこがくるの』(石津ちひろ・文/講談社)で日本絵本賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

旅するランナー

169
飼い猫ロス。失った悲しみ。沸き立つ様々な感情。あの温もりを、楽しさを、優しさを、いつまでも忘れない。ももちゃんと会えて良かった。2020/03/28

ぶち

106
家に帰っても、猫のももちゃんのお出迎えがない。亡くなってしまったのだ。家族みんな暗い気持ちでいたら、お母さんが「かなしいのはあたりまえ。みんな、なきましょ」。すると、ももちゃんの思い出が次々よみがえってきて.....読んでいた私も号泣です。そして私もいってしまった猫たちを思い出しました、ふわふわした毛の感触だったり、膝に乗ってきたときの重みだったり、胸の上で寝ているときのぬくもりだったり。このお母さんが洗濯物をたたむときに膝に乗ってきたももちゃんの感触を思い出したように、感触も思い出になるのですね。2020/02/24

みかん🍊

96
読みながらぼろぼろ泣いてしまった,天国に行ってしまった猫のももちゃん、使ってたグッズももう使わない,玄関にも迎えに来ない、めんどくさい猫なんていなきゃよかった,沈む家族にお母さんが言った、悲しいのも辛いのも当たり前、泣こう!ももちゃんを思ってみんなで泣いた、猫なんていてくれて良かった、大切な家族、会えてよかった。2020/02/29

ベーグルグル (感想、本登録のみ)

48
猫愛いっぱいの本でした。命は永遠でないし、悲しい時は泣こうとお母さんが言って、みんなで悲しみを共有出来て良かった。2021/02/24

anne@灯れ松明の火

36
書店見本。ささめやゆきさんの絵に惹かれて。沢山積んであると思ったら、地元作家の村上しいこさんの作品だった。愛猫ももちゃんが死んでしまった。いっそ、「ねこなんて いなきゃ よかった」と思うぐらい、悲しみは深い。沈み込む私を友達も心配して、慰め、励ましてくれる。でも気持ちは晴れない。この悲しみを乗り越えることはできるの? 家族もみんな、悲しんでいる。そんな中、お母さんが言った言葉は? 大切な家族の一員であるペットの死を受け止めるお話。2019/12/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14942291

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。