いじめのきもち

個数:

いじめのきもち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 12時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 62p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784494013401
  • NDC分類 K911
  • Cコード C8092

著者等紹介

村山士郎[ムラヤマシロウ]
1944年山形県に生まれる。東京大学大学院教育学研究博士課程修了、教育学博士。大東文化大学教授

小泉るみ子[コイズミルミコ]
1950年北海道に生まれる。早稲田大学文学部卒業後、絵を描き始める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chimako

55
うっとり足くんで にっこりわらって ぼくも こんなに くつろいでいるときも あったんだな いまは、もう こんなに べんきょうがあって もうたいへんだ むかしのぼくになりたい  小学校二年生が“むかしのぼく”になりたいと思う今の時代。簡単に「死ね」という子どもたち。仲間外れにするのは良くないと思ってもそれを口に出せないとき。そりぁ昔の子どもだって色々あったけど、なんか違うんだなあ。いじめだけではない子どもの心の独り言。2014/10/06

テルテル

39
小学校から中学生までのいじめを受けた生の声が文字となって胸に突き刺さる。いじめで自殺をする子どもたちが多発する中、誰が死んでも、いじめはなくならない。『何か悪いの?』何気なく言った言葉が他人を地獄へ突き落としてしまう。それでも、ストレスを発散したかのように気持ちのいい顔をしている。何のストレス?いじめを考える絵本『おおきなあな』と共感できる。多くの『あな』に落とし、落とされて、みんながもがいている姿がこの本から伝わってくる。いじめという『あな』を埋めるためには、自分の心の声を聴いてくれる人間の存在が必要2015/05/14

ヒラP@ehon.gohon

28
絵本ではないけれど、小泉るみ子さんの絵がなかったら、どうにもいたたまれない本ではあります。 「いじめ」をいじめられる側から、いじめた側から、心を吐露した子どもたちの詩が集められています。 机に「死ね」と書いてあったら、どう思うのでしょう。 机に「死ね」と書いてしまったら、どう感じるのでしょう。 一遍一遍の詩が心に突き刺さってきました。 親が知らないところで、こどもたちはこんなに苦しんでいるのでしょうか。 繊細で脆い心の世界が、日常の裏側で起こっていることを考えると恐ろしくなります。 2023/10/25

やす

19
いじめ、反抗期、ちょっとしたいらだちの気持ちが、詩に表現されている。つらいいじめがなくなるように、できることは何か、考えていきたいです。2016/01/02

ヒラP@ehon.gohon

13
【再読】大人のための絵本2023/11/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6856049
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。