わたり鳥

個数:

わたり鳥

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年05月30日 12時14分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 40p/高さ 26X26cm
  • 商品コード 9784494010004
  • NDC分類 E
  • Cコード C8745

出版社内容情報

なぜ、どうして彼らは何万キロもの旅をするのか――。世界中のわたり鳥を通して生命の尊さを描く壮大な自然のドラマ。

鈴木 まもる[スズキ マモル]
作・絵

内容説明

世界のわたり鳥113種の旅―空を旅する命のものがたり。

著者等紹介

鈴木まもる[スズキマモル]
1952年東京都生まれ。東京藝術大学工芸科中退。「黒ねこサンゴロウ」シリーズで赤い鳥さし絵賞、『ぼくの鳥の巣絵日記』(ともに偕成社)で講談社出版文化賞絵本賞、『はしれディーゼルきかんしゃデーデ』(童心社)で住田物流奨励賞特別賞、『ニワシドリのひみつ』(岩崎書店)で産経児童出版文化賞JR賞、『世界655種 鳥と卵と巣の大図鑑』(ブックマン社)であらえびす文化賞を受賞。鳥の巣研究家として絵本・画集・エッセイなどの著作も多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

77
絵本ですが、大人が読んでも勉強になります。絵もリアルです。世界中に渡り鳥はいて、それぞれ季節が来たら海を渡り、高い山を越えて日本やイギリス、アメリカ等にやってきて命を育てる鳥たち。ワシにやられたり、風力発電のプロペラに当たるなど危険な目に遭ったり、途中の休憩場所が人間の手によってなくなってしまったりしても、命がけで渡り鳥はやってきます。毎年無事に渡ってきてくれることを感謝したくなりました。また、南極と北極を行き来する渡り鳥には驚愕でした。2017/04/02

yukision

76
ハチクマやウズラ、ハチドリまでもが渡り鳥だったとは。自然が変わっても迷わず目的地まで飛び続けるだけでもすごいが、8000メートルのヒマラヤ山脈を越えるインドガンや北極から南極まで渡り、北極まで戻ってくるキョクアジサシは驚異的。鳥の巣研究家だけあり、鳥に対する温かな目線も感じられ、おまけに勉強にもなる絵本。2021/08/02

クリママ

55
カッコウやホトトギスなど、初夏になると声が聞こえる鳥がいる。5000㎞も離れた東南アジアから渡ってくる彼ら。世界には、8000mの山を超える鳥、北極、南極を移動する鳥など、安心して卵を産み育てることのできる場所へ帰る、数十億羽の渡り鳥がいることに驚く。なんと過酷な一生。それは、祖先が恐竜だからなのだろうか。でも、途中羽を休める場所も、せっかく帰ってきた場所も、人の手によって破壊されていることがある。なんということだろう。「せんろはつづく」などの鈴木まもるさんの絵は、写実的でありながらも温かい。2021/12/13

chiaki

48
世界のわたり鳥の生態が、鈴木まもるさんの易しいことばと絵で知ることができる良書。春、遠く5000キロも離れた南の国から100種類以上もの鳥たちが、冬には3000キロも離れた北の国から100種類以上の鳥たちが日本にやって来ていると知って驚きました。長い長い旅の途中命の危険にさらされながらも、本能に従い、地球の動き、風や雲の流れ、匂い、景色を感じながら迷わず飛んでいけるんですね。自然界の神秘を感じます。キョクアジサシ、北極から南極まで地球を半周して渡るとは!!!2021/03/28

たまきら

34
おお!さすが鈴木まもるさん。とにかくくわしいです。どこからどこへ、いつ、なんのためにむかうのか。この不思議な鳥の習性をたった一冊の本で網羅できる楽しさ。東京の子でも見やすいツバメやカモから始まり、南極⇔北極を行き来する鳥まで広がっていく流れがすごくスムーズでわかりやすかった。大変勉強になりました。2019/01/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11648591
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。