ふたりだけのキャンプ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 35p/高さ 27cm
  • 商品コード 9784494008896
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

父さんと二人だけでキャンプへでかけたぼくは、すてきな湖で釣りをし、美しい星空の下で眠った   SLA選定/JLA選定

内容説明

人間は大昔から、自然の豊かな恵みをいただいて生きてきました。物のあふれる現代、私たちはなにか大切なものを忘れてきてはいないでしょうか?アイヌ文化の中につちかわれた精神を現代の子どもたちの心に…。―実体験をもとに著者が心をこめて贈る一冊。

著者等紹介

高田知之[タカダトモユキ]
1953年北海道生まれ。写真家。高校卒業後写真家の道へ入り、広島にて原北陽氏に師事。婚礼写真、商業写真を学び、千歳市にてゼロスタジオを経営。釣り、カヌーなどアウトドアを通して、独特な光と影の中に自然の小宇宙を感じさせる風景写真を撮影。指針の絵画性を追求している。この本が第一作目となる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

chiaki

39
絵も交えた写真絵本。長女に読み聞かせ。北国の夏、父と息子、ふたりだけのキャンプ。米と味噌と塩、カヌー、釣り竿、シート、ナイフ、飯盒など限られた荷物だけを背に、テントはなし。キャンプ場ではなく、先祖代々伝わる“ひみつのとまる場所”へ向かう。夜、目の前に広がる輝く星々を見、ぼくは父の言葉を聞きながら、自然のあまりの雄大さに怖くなって思わず父の手を掴む。私はこの描写がとても好きだった。きっと弟も自然の恵みや怖さが分かる年齢になれば、父が掟のように“ひみつのとまる場所”へと連れて行ってくれるのだろう。2021/02/05

おはなし会 芽ぶっく 

13
令和3年度小学校朝読書リスト 高学年 (朝読書で読んだ絵本や紙芝居はそのまま貸し出します) 写真と絵で、まるで一緒にキャンプに行っているようでした。親から子へ、子どもが親になって、また子へ。と受け継がれていくもの。父と息子にしか分かりあえない感情。羨ましいな。2021/05/17

憩子

2
松居友さんの『絵本は愛の体験です。』を読んで。2021/06/25

lonely_jean

0
実は、キャンプをしたことがない。テントを張るタイプのもないので、より野生的な、この2人のような山体験は想像するしかないが…不思議と、想像はそれなりにできる。川のそばでの焼き魚や、圧倒されるような星空といった体験をつぎはぎすれば、爽やかな山の香りも漂ってくる。2016/10/11

遠い日

0
090715【読書ノート/ひとことメモ】心地よい自然とのふれあい。真実のこと。2009/07/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1467428

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。