絵本・ちいさななかまたち<br> びゅんびゅんごまがまわったら

個数:

絵本・ちいさななかまたち
びゅんびゅんごまがまわったら

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年05月30日 12時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5変判/ページ数 1冊/高さ 21X23cm
  • 商品コード 9784494006038
  • NDC分類 E

出版社内容情報

こうすけたちと、あまのじゃくな校長先生とのびゅんびゅんごま合戦の結果……。
SLA選定/中央児童福祉審議会特別推薦/83年度課題図書/よい絵本選定

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たるき( ´ ▽ ` )ノ

84
このお話、大好き(*^^*)びゅんびゅんごまって、かなりの勢いで回るよね!こんな面白い校長先生、ぜひとも出逢ってみたい♪2015/10/09

nakanaka

69
原作は違う方ですが林明子さんが絵を描いている絵本です。学校のグラウンドの隣にある遊び場は生徒たちの人気のスポットでしたがこうすけが大けがしたことがきっかけで出禁になってしまいます。こうすけたちが再び遊び場を開放するように校長先生のもとに談判に行ったところ「びゅんびゅんごま」が回せるようになったらという変な条件が出されます。校長先生と生徒が交流するという内容ですがなかなか無い光景だなと感じました。子供と張り合う校長先生が素敵ですし微笑ましいです。面白い絵本でした。2018/04/18

いろ

37
息子と読みたい!と思ってたのに,温め過ぎて適期を逃しかけた^^; 危ない危ない。低学年がベストかな。でも内容は年齢がもっと上でも下でも大丈夫♪ ハートフル学校生活もので,とても面白い。不注意の怪我が原因で遊び場が閉鎖!遊び場解放のため子供達が新校長と駆け引きするお話。びゅんびゅんごまを足まで使って3つも4つも回す様子に,珍しく父(夫)まで吹出して家族で笑う。父(夫)は最後まで草笛が出来ない校長もツボ。9歳男児は変化するタンポポ雛に喜ぶ。自然遊びの良さ,年齢構わず交渉続ける・交流する大切さが伝わる良本。2017/03/19

Lesen

34
かえで小学校には、運動場に続く遊び場があります。ある日、こうすけは遊び場で滑って骨を折ってしまいました。その時から、遊び場には鍵が掛けられて入ることが出来ません。新しい校長先生に遊び場の鍵を開けてくださいとお願いしに行きました。鍵を開ける条件はびゅんびゅんごまを回す事が出来たら。子供たちの挑戦が良いですね。途中で止めてしまった子も違う遊びを自分で考えてる所が良い。しかも、意地悪に思える校長先生もお茶目。こうやって先生と生徒が関わっていける関係ならのびのびと育っていきそう。2015/10/02

sui

32
図書館本。絵は林明子さん。小学校に隣接した森は、子供たちの大好きな遊び場。ある日、こうすけが怪我をしたために、森への扉には鍵が掛けられてしまいます・・・。遊び場開放を願う子供たちと、あまのじゃくな校長先生のやり取り。お互いが、校長と児童から、本気で張り合える遊び仲間に。こんな風に、子供と心を通わせられる大人って、本当に最高だ。昔懐かしい遊びが出てくるところも楽しい。四季を体で感じられる、こんな遊び場。素晴らしいです。羨ましいです。娘達も私も大満足で、何度も何度も読みました!2016/10/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/445535
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。