ぼくとわたしのみんわ絵本
てんにんにょうぼう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 31p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784494003594
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

むかし、たいそうふえのじょうずなわかものがいた。その音色の美しさに月もききほれて……。  SLA選定

内容説明

むかし、たいそうふえのじょうずなわかものがいた。そのねいろのうつくしさにつきもききほれた…てんのあねさまのちえで、とのさまのむりなんだいもすっかりといて…うつくしいみんわ絵本。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヒラP@ehon.gohon

21
タイトルから羽衣を想像したのですが、若者の吹く笛に聞き惚れた天女のおしかけ女房話でした。 嫁さんを横取りしようとする悪い殿様の無理難題や、若者が解放してしまった黒鬼が起こす危機を乗り越え…最後に愛は勝つ、ロマンス仕立ての絵本でした。 それにしても梅田俊作さんが描くと、どうしてまろやかなのでしょうか。 黒鬼も殿様も怖くないので、本当に甘さたっぷりです。 若者には弱さを感じさせるのですが、女房の奥深い愛はとても力強く、若者を丸抱えで幸せにしてくれるようです。 私は、梅田俊作さんの描く嫁さんファンです。2015/02/06

ヒラP@ehon.gohon

15
事業所で読み聞かせしました。2021/08/06

遠い日

10
天人女房も、たくさんのバリエーションがある話で好きだ。この話は、よくある七夕伝説へとは向かわずに、笛吹きの若者の一途な想いが妙なる調べのように流れる美しい話だ。山形の昔話だそうだ。2019/05/28

みよちゃん

6
よくある話と違って、謎解きとハッピーエンドになる点が良かった。2019/06/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/92986

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。