くものいえ (改訂)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 28p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784494003020
  • NDC分類 E
  • Cコード C8745

出版社内容情報

一ぴきのくもが、なにか、つくりはじめました。真っ黒な画面のくものすが印象的です。   SLA選定/SLA選定/76年度第1回SLBC選定(幼保)/中央児童福祉審議会推薦

内容説明

夏のよる、一ぴきのクモが、しずかにしずかに、くものすをつくりはじめました。

著者等紹介

得田之久[トクダユキヒサ]
1940年横浜生まれ。昆虫少年として少年期を過ごした後、明治学院大学社会学部在学中から、昆虫をテーマにした絵本を描きはじめる
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

☆よいこ

81
絵本。「なつのよる。いっぴきのくもが、きのえだにぶらさがると、おしりからいとをだしはじめた。」蜘蛛が巣を張る様子がたんたんと描かれる。静かに観察している気分。▽「えほん・ちいさなせかい」昭和50年発行で読了。表紙が茶色枠で右上に蜘蛛、左下に蛾。2021/06/06

いっちゃん

13
見つけると簡単に壊しちゃうけど、芸術品よね。改めて、すごい技術やと思う。2016/05/10

おはなし会 芽ぶっく 

9
夏に洗濯物を外干ししようとすると、必ず物干し竿にあるクモの巣。毎日見るので「うちのクモは働き者じゃのぉ」とふざけて言っています(笑)クモは巣を張るものとそうでないクモがいるんですね。2019/03/28

ラグエル

9
毎日家の周りに増設されていくのを見て、こどもが「くも」「くも」「おうちー」というので、どうやってできるか見せたくて、借りてきた。読み聞かせるほうとしても、写真じゃないので、気持ち悪くない、大丈夫。だそうである。2011/09/18

遠い日

7
夏の夜の闇をバックに、クモが巣を作っていくようすを追う。黙々と作業をするさまは、一種神聖な感じさえする。うまく獲物がかかる時もあれば、巣を破られることもある。また、その修復の作業もすばらしい。クモの巣にきらきらビーズのような雨粒や夜露が光る美しさを、思い出していたら、あとがきの得田さんのことばにも、書かれていた。この頃はとんと見ない風景である。2014/01/02

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/179318

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。