あかちゃんのおいしい本<br> りんごころころ

個数:

あかちゃんのおいしい本
りんごころころ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月30日 12時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B5判/ページ数 1冊(ペ/高さ 22cm
  • 商品コード 9784494001729
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

出版社内容情報

はなこちゃんがのはらをあるいていたら、エーンエーンと泣き声がした。大きなりんごの木が…!   SLA選定

内容説明

ほら、しってるたべものたちがうごきだすよ。松谷みよ子のあたらしいあかちゃん絵本。2歳くらいから楽しめます。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Kawai Hideki

61
人知れずたわわに実ったリンゴの木が、誰も食べてくれないのを嘆いているところへ、たまたま通りかかった女の子がリンゴの活躍の場を見つけてあげるお話。リンゴたちは我も我もと「わたしをたべて!」「わたしをたべて!」と、牛、熊、鳥、赤ちゃん、お年寄り、お菓子屋さんなどの元に転がってゆく。最後に残った精鋭の8個のリンゴは、女の子と一緒に女の子の家へ。なんとなく、人材流動化の進まない日本の社会を見ているような気になった。ちなみに、娘にとってはリンゴは「ゴンリ」らしい。そんな業界人に育てているつもりはないのだが。2014/06/07

くぅ

37
図書館本。これもよくわからないのか興味なし。また後で読んでみます。(4ヶ月)みんなにとってもらえず、食べてもらえず泣いたリンゴの木が可愛かった。2017/10/05

たーちゃん

22
【図書館本】松谷みよ子さんの文もとても良く、絵も可愛い。木から落ちたりんごがころころ、わたしを食べて。なんと健気な☺️2019/01/09

りーぶる

21
松谷みよ子&とよたかずひこ、最強のタッグなのに、なぜか娘がはまらない。(゚うェ´。)゚。たくさん実ったりんご、食べて食べて、と可愛い絵本です。(2歳3ヶ月)2018/10/04

おはなし会 芽ぶっく 

11
ハナコちゃんが野原を歩いていたら泣き声が…。泣いていたのはりんごたち。たくさんなっているのに誰もとってくれない、食べてくれないと。そこでハナコちゃんは…。松谷みよ子さんととよたかずひこさんのコンビって珍しいです…よね?(確信ナシ)2020/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/50614
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。