• ポイントキャンペーン

Think! 〈no.51〉 - 実践的ビジネストレーニング誌 「仕事の数字力」養成講座

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 159p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784492830598
  • NDC分類 336.05
  • Cコード C3034

出版社内容情報

統計学、ビッグデータ、ファイナンス……、現在、注目されているビジネス・トピックスを理解するために必要な「数字力」を養う。

今回は、「数字力」と「英語力」、2つのスキルを特集。どちらも、もはやビジネスパーソンの必修スキルとなりあるものです。小手先のスキルではなく、真に身につけるために必要な「リテラシー」の観点から解説。
『統計学が最強の学問である』の西内啓、『日本人の9割に英語はいらない』のマイクロソフト元社長、成毛眞、『非学歴エリート』の安井元康などが豪華執筆陣による「本当に役に立つ1冊」。

〔第1特集〕
文系ビジネスパーソンに贈る
「仕事の数字力」養成講座
統計学、ビッグデータ、ファイナンス……。現在、注目されているビジネス・トピックスを理解するために必要なのは「数字力」。
財務諸表を読む力、数字を読むときの勘所、数字を元に考える力など、現場で使えるテクニックはどのようにして身につければよいのか。数字の扱うプロフェッショナルの方たちに、そのヒントを聞く。

〔第2特集〕
ミニマム・イングリッシュ
――道具として英語
「2020東京オリンピック」「グローバル人材」……。
こうした言葉に動かされて、日本人の英語学習熱が再び高まっている。
あなたに英語が必要なら、どんな英語が学ぶべきか?
それはどのように効率的に学べるか?
英語熱に浮かれる日本人へ、実践的なアドバイスを送る。

〔第1特集〕文系ビジネスパーソンに贈る「仕事の数字力」養成口座
●データ社会を乗り越えるための統計リテラシー
西内 啓 統計家
●財務3表のつながりを理解し、戦略を読み取る
國貞克則 ボナ・ヴィータ コーポレーション 代表取締役
●損得思考――会計学と比較から学ぶ
藤田精一 早稲田大学ビジネススクール 教授
●微分・積分がわかれば明日が読める
内山 力 MCシステム研究所 代表取締役
●ストーリーで学ぶ営業に必要な定量分析入門
福澤英弘 アダット 代表取締役社長
●問題発見力・解決力を高める数字の読み方・使い方
望月 実 公認会計士
●道具としてのファイナンス 「初めの一歩」
石野雄一 オントラック 代表取締役

〔第2特集〕ミニマム・イングリッシュ
――道具として英語
●1万語覚えて500時間聞けばミニマム・イングリッシュは身につく
成毛 眞 HONZ 代表/インスパイア 取締役ファウンダー
●海外からのメールが増えてきた。効率的に対応したい・・・。あなたはどうする?
倉骨 彰 翻訳家/ソフトウェア技術者
●もし、1カ月後、英語での会議に参加することになったら・・・。あなたはどうする?
田中宏昌 明星大学人文学部 教授
●受験勉強ばりの網羅性と正しさはめざさない。学ぶ、覚えるには優先順位を!
安井元康 経営共創基盤(IGPI) ディレクター
●英語の資料を読んで、リポートを書くことになってしまったら・・・。あなたはどうする?
小坂貴志 神田外語大学 教授
●取引先からの商品供給がストップ。英文契約書を読み直してみると・・・。あなたはどうする?
安保智勇 弁護士法人 中央総合法律事務所東京事務所 所長/弁護士

【著者紹介】
Think!編集部(シンクエクスクラメーションヘンシュウブ)