Think! 〈no.48〉 - 実践的ビジネストレーニング誌 思考法と発想法

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 159p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784492830550
  • NDC分類 336.05
  • Cコード C3034

出版社内容情報

Think!(考える!)の原点に戻る特集。ブレークスルー、イノベーションを起こすのに不可欠な思考法と発想法を取り上げる。

シンプルだけど、一生役に立つ
思考法と発想法

「考える」を考える。
自分の頭で考えよう! とはよく言われるが、これが結構難しい。
モノを考えるときに、ヒトは発散と収束を繰り返しながら、考えをまとめていく。
発散とは、実現するか、関係しているかはあまり考慮せずにアイデアどんどん広げていく発想のプロセス。
収束とは、論理的に正しいか、実現の見込みはありそうかなどを徹底的に思考しながら、考えをうまくまとめていくプロセス。

考えるためには武器がいる。しかも、発散のプロセスと収束のプロセス、それぞれで違う武器がいる。
考えるための武器を身に付けるのが狙い。

〔特集〕
シンプルだけど、一生役に立つ
思考法と発想法

常識を超えて柔軟に発想するための戦略思考
鈴木貴博 事業戦略コンサルタント/百年コンサルティング 代表取締役

異業種からビジネスモデルのヒントを得る――「気づき」「抽象化」「移植」の3つのステップから導くイノベーション
山田英夫 早稲田大学ビジネススクール 教授

困難な問題にチャレンジする――東大物理学者が教える「問題発見と解決のヒント」
上田正仁 東京大学大学院理学系研究科 教授

ビジネスの現場で生かせる高校「文系数学」3つのポイント
横塚 晋 A.T. カーニー シニア・ビジネスアナリスト

思い込みを捨てるには、「新しいボックス」を創る必要性がある
アラン・イニー ボストン コンサルティング グループ グローバル・トピック・スペシャリスト
木村亮示 ボストン コンサルティング グループ パートナー&マネージング・ディレクター

「わかったつもり」「考えたつもり」を防ぐ発想のコツ
金巻龍一 GCAサヴィアン マネージングディレクター

優先順位トレーニング――あなたの処理能力を一気に高めるインバスケット思考
鳥原隆志 インバスケット研究所 代表取締役

意思決定のための「ファイナンス思考」入門
加藤 靖之 マーバルパートナーズ ディレクター

思考のヒントとしての教養――創造の源泉を味わい、知的好奇心を高める
田淵秀乙 パスカル 代表取締役CEO

〔インタビュー〕
Message for Think! Readers
ユーザーの右脳が喜ぶ方法を、左脳を使って考える
佐藤オオキ nendo 代表

〔対談〕
楠木教授の経営者「好き嫌い」対談 第8回
「スキーと目標設定」が好き
楠木 建 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 教授
星野佳路 星野リゾート 代表取締役社長

ニッポンを構想する 第17回
アベノミクスを中間評価する
波頭 亮  経営コンサルタント
山崎 元  経済評論家

〈日本構想フォーラム・キーノートスピーチ〉
危機、組織、国家そして保護の時代
西部 邁 評論家

〔新連載〕
グローバル企業の掃除術 第1回
東京ディズニーランド/東京ディズニーシー
大森信 日本大学経済学部教授

【著者紹介】
Think!編集部(シンクエクスクラメーションヘンシュウブ)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mattu

2
形容詞と副詞をなくした言葉にする。シンプルにするから、本質が見えるのでしょうね。私にはまだまだ教養が足りないようです。もっと広く物事を見て感じる力が必要ですね。毎回読むのが楽しみな雑誌です。2014/02/15

naruo_homewood

1
「思考法と発想法」こうすればできるようになる、という決定打が無いだけに、取り組みにくいテーマですが、様々な業界トップの方々の考え方が色々と取り上げられていて、参考になります。中には「これは自分には合わないな」と思うような内容もありますが、それぞれご自分の経験をベースに語られた自論なので、興味深く面白いです。一つひとつは短くまとめられているので、ちょっとした隙間時間で読めます。堅過ぎずゆる過ぎず、毎回ためになり楽しめる良い雑誌だと思います。2014/03/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7892315

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。