Think! 〈no.46〉 - 実践的ビジネストレーニング誌 分析力を鍛える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A4判/ページ数 159p/高さ 28cm
  • 商品コード 9784492830536
  • NDC分類 336.05
  • Cコード C3034

出版社内容情報

コンサルタントやビッグデータの責任者など、分析のプロフェッショナルたちから、情報の収集、分析、活用のポイントを学ぶ。

適切な意思決定を下すためには、まず現状を正しく把握することが不可欠である。情報過多の時代、そして変化の激しい時代にあっては、正確に、そして早く現状を把握するための情報分析と、その分析結果をどう見て、どう活用するかの優劣が、企業やビジネスパーソンの競争力に直結する。本誌では、情報分析のプロフェッショナルたちから、情報の収集、分析、活用のポイントを学ぶ。

〔特集〕
分析力を鍛える

分析のメカニズムと分析力を鍛えるための3つの方策
波頭 亮 経営コンサルタント

データ分析でできること、できないこと
丸山 宏 統計数理研究所 

分析は「設計」「実行」「伝達」の総合力として考える
桑原 祐 マッキンゼー・アンド・カンパニー 

分析の前に行うべきリサーチプランニング
上野佳恵 インフォナビ 
  
情報・分析力に加えて必要な物語思考
内田和成 早稲田大学ビジネスクール 

分析力が組織のクリエイティビティを高める
菊地原 拓 リクルートテクノロジーズ 

限られた条件下で結果を出す「有事」の分析力
植地卓郎 アリックスパートナーズ 

事実と論理を合致させる分析サイクル
桑原隆志/松永憲陽 ローランドベルガー 

1日1テラバイトを解析する楽天のデータ分析
森正弥  楽天技術研究所

サイエンスとアートの融合が次なる成長の機会をもたらす
服部邦洋 有限責任監査法人トーマツ 
永井真理子 デロイト トーマツ コンサルティング 

自分で分析してこそリーダーは決断できる
坂根正弘 コマツ 

バレーボールも、データ分析が求められている
渡辺啓太 全日本女子バレーボールチーム アナリスト


〔連載〕
デザインの力 / スピングルカンパニー

楠木教授の経営者「好き嫌い」対談  / 「実質を伴わないもの」が嫌い
楠木 建 一橋大学大学院国際企業戦略研究科 
大前研一 経営コンサルタント

ニッポンを構想する / 情報化社会の今後と21世紀のアジェンダ
波頭 亮  経営コンサルタント
西川伸一  オール・アバウト・サイエンス・ジャパン 
〈日本構想フォーラム・キーノートスピーチ〉
現在の金融政策の問題点
小幡 績 慶應義塾大学 

世界を知るためのアート / コラボレーション×シェアで生まれる初音ミクス
南條史生 森美術館 

コーポレート戦略論 / 事業統合の組合せパターン
今枝昌宏 エミネントパートナーズ 

プロフェッショナルのための文具術 / ショップオリジナル文具
土橋 正 ステーショナリー ディレクター

自分で仕事をつくるということ / 「会社」をつくることが、目的ではない
田久保善彦 グロービス経営大学院経営研究科 
山田メユミ アイスタイル 

【著者紹介】
Think!編集部(シンクヘンシュウブ)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

フジマコ

8
仕事から数字を分析しなければならなくて最近流行りの統計学とかもちよっとかじったりしてるんですが分析って遠くから眺めるフレームワーク的な分析もポイントを絞って細かく見る分析も仮説が大切やって実感してます。分析するということは方向性を導き出すということですからその方向の先にあるゴールを仮説として持っていないとあかんねんなーって。2013/10/05

くまりん

0
ロジカルシンキングーとかビッグデーターとかのマジックワードになりつつものを、実務の立場の人たちが詳細に方法論に立ち入って解説。くっきりしたイメージをつかむのに役立った。一番面白かったのは日本におけるデータバレーのパイオニアの渡辺さんの話。高校生ぐらいから問題意識(データバレーで日本は勝てる)を持って、大学もその実践のために入って、若くして日本代表チームに入り投資を受け、8年かけて花開く。すごいことだなあと。2013/10/23

mattu

0
やっと読了。他の本を読むのを中心に少しずつ読んでいたら案外がかりました。波頭氏の分析力にハッと思い返すことがありました。2013/09/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7003332

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。