シンプルな戦略―戦い方のレベルを上げる実践アプローチ

個数:
電子版価格 ¥1,555
  • 電書あり

シンプルな戦略―戦い方のレベルを上げる実践アプローチ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年04月19日 13時56分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 299p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492533413
  • NDC分類 336.1
  • Cコード C3034

内容説明

優れた戦略は本来シンプルなものである。戦略は考え抜き、大胆な判断を下すことで、シンプルになるまで作り込み、磨き上げるものなのだ。戦略構築の基本となる6つのステップ。

目次

1 今、なぜシンプルな戦略が必要なのか(その戦略は一言で言えるか;適切でない戦略、戦略不在が悲喜劇をもたらしている ほか)
2 戦略構築の基本:そもそも戦略とは何か(戦略と言えるもの、言えないもの;戦略構築の基本となる六つのステップ)
3 シンプルな戦略の三つのパターン(基本ステップに沿った簡潔な戦略;軸に沿って広げる戦略 ほか)
4 シンプルな戦略で成功するために求められるもの(シンプルな戦略に求められる思考;シンプルな戦略に求められるディシプリン ほか)

著者等紹介

山梨広一[ヤマナシヒロカズ]
マッキンゼー・アンド・カンパニーディレクター。1954年東京都生まれ。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院修了(MBA)。富士写真フイルムを経て、90年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。95年からパートナー。小売業、消費財メーカーおよびその他業界の企業の戦略構築や組織変革など、豊富なコンサルティング経験を有する。2010年からは、東京大学工学部大学院TMI(技術経営戦略学専攻)で「企業戦略論」の講義も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

考え抜かれた良い戦略は自ずとシンプルになる。現状分析から戦略策定、実行までの基本が学べる、マッキンゼー流「戦略の教科書」。

マッキンゼー在籍25年、パートナー経験20年のトップコンサルタントが教える
マッキンゼー流 至高の教科書

その戦略は一言で言えるか?

優れた戦略=シンプルな戦略を生み出す道筋がわかれば、戦い方のレベルアップが図れる。

優れた戦略は本来シンプルなものである。
戦略は考え抜き、大胆な判断を下すことで、
シンプルになるまで作り込み、磨き上げるものなのだ。

マッキンゼーにおいて、後進を指導する立場にある著者によれば、「戦略とは何か」の基本を理解しておらず、「戦略の作り方」の基本がわかっていない若手が多いという。

本書では、マッキンゼーならではのフレームワークを随所で紹介、わかりやすい事例もふまえて、現状分析からシンプルな戦略の構築、実行までの基本が学べる。

戦略構築の基本となる6つのステップ
 ステップ1:戦略目的を設定する
 ステップ2:境界条件を再確認、再定義する
 ステップ3:環境を認識し、自社独自の洞察を導く
 ステップ4:課題を抽出し、構造化する
 ステップ5:戦略的方向性を創出、選択する
 ステップ6:戦略としてまとめ上げる

基本の6つのステップをやりぬくことで、特にステップ4~ステップ6は行ったり来たりして質を高めることで、シンプルな戦略ができ上がる。

マッキンゼー日本支社において最も豊富なコンサルティング経験を有し、日本企業に対するコンサルティングをリードしている著者が、日本企業の潜在力を引き出し、戦い方のレベルを上げる実践アプローチの方法を指南する。

PART?T.今、なぜシンプルな戦略が必要なのか
■その戦略は一言で言えるか
■適切でない戦略、戦略不在が悲喜劇をもたらしている
■シンプルな戦略だけが現状を打破できる

PART?U.戦略構築の基本:そもそも戦略とは何か
■戦略と言えるもの、言えないもの 
■戦略構築の基本となる六つのステップ
 ステップ1:戦略目的を設定する
 ステップ2:境界条件を再確認、再定義する
 事例1◎ヘルスケア関連企業グループの小売業態に関する事業戦略
 ステップ3:環境を認識し、自社独自の洞察を導く
 ステップ4:課題を抽出し、構造化する
 ステップ5:戦略方向性を創出、選択する
 ステップ6:戦略としてまとめ上げる
 
PART?V.シンプルな戦略の三つのパターン
■パターン1:基本ステップに沿った簡潔な戦略
 事例2◎加工食品会社V社の事業戦略
 事例3◎大型流通業W社のデジタル化対応戦略
 事例4◎加工食品メーカーX社のグローバル戦略
■パターン2:軸に沿って広げる戦略
 成長戦略に適した戦略構築方法
 事例5◎要素技術、市場、チャネルの広がりで成長を目指す消費財メーカーY社
■パターン3:ゴールが引っ張る戦略
 はじめにアスピレーションありき:起業家やカリスマ的経営者がいる場合にフィットする
 環境や市場に対する長期展望からスタート:突出したカリスマがいなくても可能
 事例6◎消費財メーカーZ社の長期成長戦略

PART?W.シンプルな戦略で成功するために求められるもの
■シンプルな戦略に求められる思考
 論理力、構造化:単なるロジカルを越えて
 分析力:より深い問題を浮き彫りにする
 洞察力:ユニークな洞察こそがユニークな戦略を生む
 アイデア創出力:アイデア創出はマインドセットから
■シンプルな戦略に求められるディシプリン
 ファクトに、最新情報に、顧客に謙虚であること
 徹する、考え抜くこと
 軸、体系化、フレームワーク
 意思決定:決めきる覚悟、強さ、潔さ
 無理難題、ストレッチゴール
 実行責任、結果責任:誰が、いつまでに結果を出すのか
■シンプルな戦略に求められるリーダーシップ
 ハンズオンのオーナーシップ
 ビジョナリー、プロヴォカティブであること
 意思決定、捨てるべきことを決める
 コミットメント、コミュニケーション、コミュニティ

【著者紹介】
山梨 広一(ヤマナシ ヒロカズ)
マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター
山梨 広一(やまなし ひろかず)
マッキンゼー・アンド・カンパニー ディレクター

1954年東京都生まれ。東京大学経済学部卒業、スタンフォード大学経営大学院修了(MBA)。富士写真フイルムを経て、90年マッキンゼー・アンド・カンパニー入社。95年からパートナー。小売業、消費財メーカーおよびその他業界の企業の戦略構築や組織変革など、日本支社において最も豊富なコンサルティング経験を有する。2010年からは、東京大学工学部大学院TMI(Department of Technology Management for Innovation, 技術経営戦略学専攻)で「企業戦略論」の講義も行っている。著書に『プロヴォカティブ・シンキング 面白がる思考』(東洋経済新報社)などがある。