一橋ビジネスレビューブックス<br> 組織行動の考え方―ひとを活かし組織力を高める9つのキーコンセプト

個数:
電子版価格 ¥2,376
  • 電書あり

一橋ビジネスレビューブックス
組織行動の考え方―ひとを活かし組織力を高める9つのキーコンセプト

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月06日 22時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 283p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784492521465
  • NDC分類 336.3
  • Cコード C3034

内容説明

コンピテンシー/モティベーション/キャリア・デザイン/成果を意識した組織行動/人事評価/リーダーシップ…9つのキーコンセプトを中心に、組織に生きるひとの生き方、働き方、働かせ方を考える。

目次

第1部 組織行動という分野への招待(経営学と組織行動の間柄―なぜ組織行動を学ばなければならないのか)
第2部 組織の中の個人(コンピテンシーとは何なのか―コンピテンシーの学習プロセスこそが力になる;モティベーション論のミッシング・リンク―仕事に打ち込む「元気の素」を探る ほか)
第3部 成果と評価の問題(成果を意識した組織行動を目指して―何のため、誰のための成果か;人事評価をめぐる根本問題―評価は涙か、溜め息か ほか)
第4部 個を活かし組織の力を高める(変革の時代におけるリーダーシップの求心力―課題vs.対人関係の微妙な絡み合いでフォロワーはついてくる;職務満足と組織コミットメントから見る職場の幸福論―賢き者は幸いであるか、会社を愛する者は救われるか ほか)

著者等紹介

金井寿宏[カナイトシヒロ]
1954年神戸市に生まれる。1978年京都大学教育学部卒業。1989年米国マサチューセッツ工科大学(MIT)スローン経営大学院博士課程修了(Ph.D.)。1994年神戸大学経営学部教授を経て、現在、神戸大学大学院経営学研究科教授

高橋潔[タカハシキヨシ]
1960年大阪府に生まれる。1984年慶応義塾大学文学部卒業。1996年米国ミネソタ大学(University of Minnesota)カールソン経営大学院博士課程修了(Ph.D.)。南山大学経営学部講師、助教授、同大学総合政策学部助教授を経て、2004年より神戸大学大学院経営学研究科助教授
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

4
コンピテンシー、キャリアデザイン、職務満足、リーダーシップ、評価制度の方法や価値観からの違いなどが書いてある。2010/11/04

kuma-kichi

1
金井さんの著書にしては珍しく乗り切れなかった。 「こんなでした、あんなでした」「こんな学派あります、こんな考えあります」と羅列しただけの印象。んー、もうちょっと熱が伝わればよいのだけれど。2017/05/04

ripurou

1
コンピテンシ、モチベーション、キャリアデザイン、成果と評価、リーダーシップ、組織コミットメント、知ることとは何か、非常にわかりやすく語りかけるように書かれています。良い本でした。2011/10/19

Naotaka Nonogaki

0
同じテーマの他の本を読むにあたり、そちらが和訳だったので似た日本人が書いた本も読んでおくか、と借りた。つまんなかったので2章しか読んでない。本命はまだ予約待ち。2016/01/09

川原 健太郎

0
14-56/12014/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/26896

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。