誰も知らないカルロス・ゴーンの真実

個数:
電子版価格 ¥1,980
  • 電書あり

誰も知らないカルロス・ゴーンの真実

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年07月04日 14時30分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 304p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492503188
  • NDC分類 289.3
  • Cコード C3034

出版社内容情報

★ゴーンとは何者だったか? ゴーン事件が日本と世界に与えた衝撃とは? 在日フランス人記者が徹底取材!
★一気読み必至の怒涛のノンフィクション!

・ブラジル系ーフランス系レバノン人ゴーンの生い立ちとは?
・ゴーンが語ろうとしない家族の問題とは?
・フランスでの学生時代はどのようなものだったか?
・仏タイヤメーカー・ミシュランで培ったゴーン流経営のスタイルとは?
・ルノーが日産を救済した本当の理由とは?
・ゴーンはいかにして日産を救い、日本のスターとなったか?
・ゴーンはいつから私利私欲を満たす権力者と化したのか?
・ゴーンが報酬を増やすために試みた資金工作の詳細とは?
・ゴーンを検察に突き出すことになった日産内部での密談とは?
・東京拘置所でのゴーンの生活はどのようなものだったか?
・日本の司法制度は、海外の目にはどのように映っているのか?
・なぜゴーンは2019年の年末に日本脱出という手段に出たのか?

ゴーンの光と闇のすべてを語る!

内容説明

ゴーンは日本に何をもたらしたか。伝説の経営者の誕生から極秘の海外脱出までのすべて。

目次

序章 レバノンへの逃避
第1章 東京拘置所での生活
第2章 業界で成り上がる
第3章 稀代の魔術師ゴーン
第4章 レバノンと日本の英雄
第5章 スーパーヒーローの変調
第6章 ゴーンの資金工作VS日産の内部調査
第7章 保釈、再会、再逮捕
第8章 ほろ苦い自由とその後

著者等紹介

アルノー,レジス[アルノー,レジス] [Arnaud,R´egis]
ジャーナリスト。仏日刊紙『ル・フィガロ』、週刊経済誌『シャランジュ』、ラジオ局「ヨーロッパ1」の東京特派員、日仏語ビジネス誌『フランス・ジャポン・エコー』の編集長を務めるほか、阿波踊りパリのプロデュースも手掛ける。1995年以降、20年以上日本に暮らす

ルソー,ヤン[ルソー,ヤン] [Rousseau,Yann]
ジャーナリスト。フランスジャーナリスト養成センター卒業。『ル・モンド』紙に入社後、兵役制度によりカンボジアへ。退役後プノンペンでジャーナリストとして活動、2001年にパリへ戻り、仏経済紙『レ・ゼコー』に入社。2005年から北京特派員、2010年より東京支局長に就任。ラジオ局「ラジオ・クラシック」の東京特派員、同「フランス・アンフォ」のコラムニストも務める

林昌宏[ハヤシマサヒロ]
1965年名古屋市生まれ。翻訳家。立命館大学経済学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takam

6
カルロスゴーンについての中立的な本だと思う。カルロスゴーンと日本の検察の言い分をフェアに見る必要があるが、そのためには程よい本と思う。2021/01/18

ita

1
日産の再生を果たしたとは言え、それにしても、多額のお金を日産から引き出しましたねー。 星二つ(☆ーー)2021/06/11

Takase

1
良く調べて書いているのに感銘を受けました。これからの続編が楽しみです。2020/08/29

ハッピー

1
世界の大企業の経営者はゴーンよりずっと多額の役員報酬を受けている。それを不満に思っていた気持ちはわかる。それは欧米が階級社会であった名残で、日本では心情的にも通用しない。ゴーンの育った環境が吝嗇に走った原因の一つだろう。 翻訳本の割に読みやすかったのは、訳者の実力もあるが、筆者が日本で活動しているジャーナリストであるためもあっただろう。2020/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/15710946

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。