西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム

個数:
電子版価格 ¥3,080
  • 電書あり

西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2022年01月23日 13時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 528p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492444504
  • NDC分類 334.43
  • Cコード C3033

出版社内容情報

気鋭の英国人ジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。移民受け入れがもたらした欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。英国で10万部超、世界23ヵ国で翻訳、英国のアマゾンレビュー700件超!
「サンデー・タイムズ」紙のナンバーワンブック、「イブニング・スタンダード」紙のブックオブザイヤーに輝いたベストセラー!

英国で数々の賞を受賞した若きジャーナリストが欧州の移民問題を徹底ルポ。
移民受け入れをめぐる「罪悪感」と「疲れ」がもたらした
欧州リベラリズムの死に方を克明に描く。

中野剛志氏絶賛!
「本書の著者マレーに匹敵するような優れた書き手が、残念ながら日本にはいない。
われわれ日本人は、本書を日本の<自死>として読み換えなければならなくなった」


【内容紹介】

出生率の低下、移民問題、増幅する社会への不信感、自己嫌悪感など、今日の欧州大陸を覆う閉塞感は、人々が自身の社会について議論したり社会変化に対抗する力を弱体化させ、欧州は自壊への道を進んでいる。

著者は、シリア難民や移民問題をめぐって、ベルリンからパリ、ギリシャなど欧州を横断し、難民、歓迎側、拒否側など、様々な立場の人々を取材しながら、独自の視点で、今日の欧州が自らを追い詰めていく人口的・政治的現実を分析。

欧州各国がどのように外国人労働者や移民を受け入れ始め、そこから抜け出せなくなったのか。

マスコミや評論家、政治家などのエリートの世界で、移民受け入れへの懸念の表明がどのようにしてタブー視されるように至ったのか。

エリートたちは、どのような論法で、一般庶民から生じる大規模な移民政策への疑問や懸念を脇にそらしてきたのか。

欧州が前提としてきた「人権、法の支配、言論の自由」をコアとする啓蒙主義以降の西洋近代が潰えていく様を描く。






[解説] 日本の「自死」を予言する書(中野剛志)

第1章 移民受け入れ論議の始まり

第2章 いかにして我々は移民にとりつかれたのか

第3章 移民大量受入れ正統化の「言い訳」

第4章 欧州に居残る方法

第5章 水葬の墓場と化した地中海 

第6章 「多文化主義」の失敗

第7章 「多信仰主義」の時代へ

第8章 栄誉なき予言者たち

第9章 「早期警戒警報」を鳴らした者たちへの攻撃

第10章 西洋の道徳的麻薬と化した罪悪感

第11章 見せかけの送還と国民のガス抜き

第12章 過激化するコミュニティと欧州の「狂気」

第13章 精神的・哲学的な疲れ

第14章 エリートと大衆の乖離

第15章 バックラッシュとしての「第二の問題」攻撃

第16章 「世俗後の時代」の実存的ニヒリズム

第17章 西洋の終わり

第18章 ありえたかもしれない欧州

第19章 人口学的予想が示す欧州の未来像



ダグラス・マレー[ダグラス マレー]
著・文・その他

中野 剛志[ナカノ タケシ]
解説

町田 敦夫[マチダ アツオ]
翻訳

内容説明

欧州リベラリズムの死に方。気鋭のジャーナリストが、今まで誰も書けなかったタブーに挑んだ大問題作。英国『サンデー・タイムズ』紙のナンバーワンブック、『イブニング・スタンダード』紙のブックオブザイヤー。

目次

イントロダクション
移民受け入れ論議の始まり
いかにして我々は移民にとりつかれたのか
移民大量受け入れ正当化の「言い訳」
欧州に居残る方法
水葬の墓場と化した地中海
「多文化主義」の失敗
「多信仰主義」の時代へ
栄誉なき預言者たち
「早期警戒警報」を鳴らした者たちへの攻撃
西洋の道徳的麻薬と化した罪悪感
見せかけの送還と国民のガス抜き
過激化するコミュニティと欧州の「狂気」
精神的・哲学的な疲れ
エリートと大衆の乖離
バックラッシュとしての「第二の問題」攻撃
「世俗後の時代」の実存的ニヒリズム
西洋の終わり
ありえたかもしれない欧州
人口学的予想が示す欧州の未来像

著者等紹介

マレー,ダグラス[マレー,ダグラス] [Murray,Douglas]
1979年生まれ、新進気鋭の英国人ジャーナリスト。英国の代表的な雑誌の一つ『スペクテーター』のアソシエート・エディター。『サンデー・タイムズ』紙や『ウォール・ストリート・ジャーナル』紙へも寄稿多数。英国議会や欧州議会、ホワイトハウスでも講演を行った実績がある。『西洋の自死―移民・アイデンティティ・イスラム』は英国で10万部を超えるベストセラーとなり、世界23カ国で翻訳。『サンデー・タイムズ』紙のナンバーワンブック、『イブニング・スタンダード』紙のブックオブザイヤーにも選ばれた

中野剛志[ナカノタケシ]
1971年、神奈川県生まれ。評論家。元・京都大学大学院工学研究科准教授。専門は政治経済思想。1996年、東京大学教養学部(国際関係論)卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。2000年よりエディンバラ大学大学院に留学し、政治思想を専攻。2001年に同大学院より優等修士号、2005年に博士号を取得。2003年、論文“Theorising Economic Nationalism”(Nations and Nationalism)でNations and Nationalism Prizeを受賞。主な著書に山本七平賞奨励賞を受賞した『日本思想史新論』(ちくま新書)、『TPP亡国論』『世界を戦争に導くグローバリズム』(ともに集英社新書)、『国力論』(以文社)、『真説・企業論』(講談社現代新書)、『保守とは何だろうか』(NHK出版新書)、『官僚の反逆』『日本の没落』(ともに幻冬舎新書)、『富国と強兵 地政経済学序説』(東洋経済新報社)などがある

町田敦夫[マチダアツオ]
翻訳家。映像メディアの翻訳も多い(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

どんぐり

77
『西洋の没落』『文明の衝突』『歴史の終わり』に並ぶ問題作。EUの移民・難民政策によって西洋の文化が変容し、自死を遂げつつあると警鐘を鳴らす徹底ルポ。欧州の人々の家であった場所には、移民たちが自分たちの伝統を手放すことなく異文化のコミュニティを築き、移民が優位になった地域からは西洋的なものが剥ぎとられていくだろう、と大量難民のもたらす人口的・政治的現実を分析する。これまでドイツのメルケル首相が行ってきた「多文化社会を築き、隣り合わせに暮らし、互いの文化を享受する」という移民・難民政策の歴史的背景にある〈西洋2019/04/11

HANA

71
一時期ニュースで見なかった日の無い欧州への大量の移民難民。その事から表面化した問題を読み解いていく。後半は失速気味だけど、前半の異論を許さぬリベラル政治から移民の流入、問題の表面化は一気読みする面白さ。著者のスタンスからいくらか割り引いて読まなければならないが、斯様なリベラルと大衆の乖離ってどこの国でも起きているような気がしないでもない。アメリカのトランプとポリコレの関係もそうだけど、結局は善意で世界を真っ白にしようとした歪みがあちこちで出ているような気もする。地獄への道は善意で舗装されているというか…。2019/11/23

ミライ

43
2017年に英国で出版されベストセラーになった一冊。欧州でタブー視されている「移民」に対して切り込んだ作品。少子高齢化対策として、中東・アフリカ圏からの移民を欧州が受け入れることで、(欧州)がどのように変わって行ったかが詳細に書かれている。ドイツのメルケル首相のとった移民政策の問題点だったり、2015年のフランスの「シャルリー・エブド襲撃事件」など移民問題が引き起こした事件事象はほぼ網羅されている。読んでいて、宗教の対立問題(イスラム教・キリスト教)が一番根深い問題かなと思った。2019/01/27

Y2K☮

42
余裕のある人が困っている人を助ける。それは正しい。でもたとえば助けた相手に殺される事例が続いたら? 無論イスラム教信者の全てが危険人物ではない。だが欧州でテロを起こす人の多くが過激なイスラム教信者なのも事実。生命の危機から逃れる為に来た難民と金目当ての経済移民、そして計画的なテロリストを水際で見分けるのは難しい。移民受け入れへの反発=人種差別&排他主義という思考停止の源は歴史的な負い目。日本も他人事じゃない。全人類を救える政策など無い。ならばまず自国民とお国柄の保護が最優先。英国のEU離脱は正しい選択だ。2019/04/03

みねたか@

40
大量の移民受け入れにより、両性の平等、自由と解放、人権、法の支配、言論の自由などヨーロッパが育んだ価値観は侵食され社会の激変をもたらすと警鐘を鳴らす書。500頁を超えるボリュームで様々な論拠から自説の妥当性を挙証していく。圧倒的な情報量から思わず著者の論に流されそうになるが、偏った視点により情報が取捨されている疑念も感じる。いずれにしろ、アラブの春以降、特にシリア情勢悪化以降の移民の増加は、ヨーロッパの多くの国々において、社会の有り方を変えていくような大きな影響を持つことを改めて感じた次第。2021/10/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13339229

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。