続・善と悪の経済学資本主義の精神分析

個数:
電子版価格 ¥3,672
  • 電書あり

続・善と悪の経済学資本主義の精神分析

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2018年10月22日 13時09分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 448p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784492315064
  • NDC分類 331
  • Cコード C3033

出版社内容情報

話題書『善と悪の経済学』の衝撃ふたたび! チェコの鬼才経済学者セドラチェクが、古代の神話から資本主義の未来を語る。NHKの好評番組「欲望の資本主義」で話題となった、チェコの経済学者、トーマス・セドラチェク氏の書籍第2弾!
前著「善と悪の経済学」は、朝日新聞、日経新聞でも大きく紹介され話題に!

今回の著作では、フロイトやユングの心理分析を活用して、経済の精神的病と、その「心の処方箋」を明らかにする。

現代の経済システムに、精神病質と診断されるような問題はあるのか?
あるとすれば、それはどんなものなのか?
経済学は社会の病をどの程度明らかにできるのか?
経済学が役に立つ病はあるのか? あるいは逆に害になる病とはなにか?

二人の偉大な学者、フロイトとユングはともに、神話を重視していた。
多様な彩りのある、矛盾に満ちた神話のなかに、資本主義のあるべき姿を求め、
私たちを豊かにしてくれる資本主義の未来を探る。

序章 フロイトのソファに経済学をのせる

第1部:成長の誕生――経済学のもうひとつの文化史

第1章 リリス――願望の統合失調症
第2章 天からの墜落――経済的症候群の誕生
第3章 アキレウスの怒り――攻撃から競争へ

第2部――豊かさの対価――経済学の精神的欠陥

第1章 アポロンとマルシュアス――サディズム、ナルシシズム、そして経済エリートたち
第2章 パーンの叫び――不安という市場
第3章 カサンドラの呪い――経済学の予言者について
第4章 アフロディーテの帯――ナルシシズム、暗示、そして消費の幻想
第5章 市場のスケープゴート――投影、抑圧、そしてその犠牲者
第6章 満たされないエリュシクトン――消費、成長、そして世界の消耗について
第7章 黄金のロバ――金銭という物神と欲望のメカニズムについて
第8章 ポリュクラテスと快楽主義的なマゾヒズム――楽しめ、しかし、楽しみすぎるな
第9章 ギャンブラーと万物理論――論理とその結果に対する依存
第10章 売春宿経済学――ハイスピード経済、売春、そして取引の終わり
第11章 モンテ・クリスタッロの羊飼い――一風変わったまとめ


トーマス・セドラチェク[トーマス セドラチェク]
著・文・その他

オリヴァー・タンツァー[オリヴァー タンツァー]
著・文・その他

森内 薫[モリウチ カオル]
翻訳

長谷川 早苗[ハセガワ サナエ]
翻訳

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件