立憲主義の政治経済学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 243p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784492211748
  • NDC分類 323.01
  • Cコード C3031

目次

立憲主義の多角的理解に向けて
第1部 9.11後の立憲主義(憲法は考える?;立憲主義と民主的責任:テロとの戦いに潜むさまざまな難題;次のテロ攻撃の翌朝に)
第2部 立憲主義とは何か(立憲主義のゲーム理論的分析;経済学における三つの立憲主義的契機;テロという危機の時代における「立憲主義」の擁護)
第3部 立憲主義の諸相(「小さな政府」の憲法学;公共サービスと自由:教育をめぐる平等と選択のジレンマを手がかりに;差別―ロールズ格差原理の再定式化)

著者等紹介

藪下史郎[ヤブシタシロウ]
1943年生まれ。イェール大学大学院博士課程修了、Ph.D.(経済学)。東京都立大学・横浜国立大学の助教授・教授等を経て、早稲田大学政治経済学術院教授

川岸令和[カワギシノリカズ]
1962年生まれ。イェール大学ロー・スクール博士課程修了(J.S.D.)。早稲田大学助手等を経て、早稲田大学政治経済学術院教授・同大学院法務研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。