理科授業づくりシリーズ<br> 確かな学力を育む理科教育の責任―「わかる」授業の構想から実践まで

個数:
  • ポイントキャンペーン

理科授業づくりシリーズ
確かな学力を育む理科教育の責任―「わかる」授業の構想から実践まで

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 01時21分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 149p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784491019321
  • NDC分類 375.42

内容説明

本書では、発展的な学習や補充的な学習ということばの定義ではなく、子どもの科学的な概念の深化・拡大を図るために最低基準を超えるという立場に立ち、最低基準を超える内容を「発展的な学習内容」として示した。1では、「確かな学力の向上」を図るため、子どもの科学的な概念形成に影響するものは何か。授業をどのように構想すればよいのかの視点を示した。2では、子どもの学びが深化・拡大するための具体的な考え方と授業実践を次の視点でまとめた。3では、大きく変わろうとしている教科書を事例として取り上げ、最低基準を超える時間と内容を検討し発展的な学習内容と授業とはどう構想されるのかを示した。

目次

1 理科教師の責任―「わかる」授業の構想(発展的な学習、補充的な学習が問題提起していること;理解を大切にする教師が知らなければならないこと)
2 確かな学力を育む―「わかる」授業を創る5つの視点と13の実践(実感する学びを創る―「水溶液」;豊かな表現活動で子どもの科学を深化・拡大させる;ひたすら発見せよという指導観の転換;学びの履歴に基づく授業構想;状況に依存する子どもの存在を前提とした教材開発)
3 最低基準を超える―特色ある授業を創る(最低基準をどこまでどのように超えるか;最低基準を超える授業を創る5つの提案)

著者紹介

益田裕充[マスダヒロミツ]
1964年埼玉県生まれ。公立中学校教諭。上越教育大学学校教育研究科修了(教育学修士)