算数科授業づくりシリーズ<br> 最低基準を超える算数授業づくり

個数:
  • ポイントキャンペーン

算数科授業づくりシリーズ
最低基準を超える算数授業づくり

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月05日 17時36分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 106p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784491017310
  • NDC分類 375.412

内容説明

算数の学びを成立させているのは子どもであり、子どもは算数の授業を通して自らの算数の世界を創っている。その算数の世界を深め、広げるための授業像を具体的に示すとともに、最底基準を超える算数の授業づくりのあり方を提案する。

目次

1 最低基準を超えるということ
2 子どもの「かかわり」から授業を見直す
3 教科書教材のとらえ方から授業を見直す
4 「当たり前」を疑って算数の世界を深める
5 「途中の過程」を体験して算数の世界を深める
6 算数の世界を広げる
まとめ 「DO→SEE→PLAN」で超える

著者紹介

山本良和[ヤマモトヨシカズ]
1963年、高知県に生まれる。高知大学教育学部卒業。高知市立大津小学校に赴任後、鳴門教育大学大学院修士課程を修了(教育学修士)。その後、高知大学教育学部附属小学校教諭を経て、現在、筑波大学附属小学校教諭。季刊誌『算数授業研究』(初教出版)編集委員