国語実践ライブラリー<br> 文学読書単元「太陽の子」―学級だより500号の記録

個数:

国語実践ライブラリー
文学読書単元「太陽の子」―学級だより500号の記録

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年03月23日 09時49分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 87p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784491017211
  • NDC分類 375.82

内容説明

本書は、灰谷健次郎作品を核に置いた、三十六人の六年生十二歳達の一年間にわたる国語教育の取り組みの、ありのままの記録である。

目次

第1章 単元「太陽の子」の実践(単元設定の意図;単元導入『学級だより・てだのふあ』;学級だより『太陽の子』と「太陽文庫」;発展 ほか)
2章 単元「太陽の子」が提起するもの(子ども達が教えてくれる「七つの事実」;卒業後の太陽の子達)

著者紹介

二瓶弘行[ニヘイヒロユキ]
新潟県生まれ。早稲田大学第一文学部卒業。新潟県公立小学校勤務。上越教育大学大学院修士課程修了。現在、筑波大学附属小学校教諭。全国国語授業研究会理事。東京書籍教科書編集委員