くずし字辞典を引いて古文書を読もう

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 164p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784490210064
  • NDC分類 210.02
  • Cコード C1021

内容説明

古文書が読みたい、でも、くずし字が読めない…。そんな方に最適の1冊!あなたは「部首別画数順」派?それとも「起筆順」派?

目次

第1章 「くずし字辞典」には大きく二種類ある(いろいろな「くずし字辞典」;「部首別画数順」で引く『くずし字用例辞典』と『古文書小字典』の構成 ほか)
第2章 「部首別」で引けると効率的(そう読んで意味が通じますか;部首のくずしが一目でわかる索引 ほか)
第3章 見当がつかない時には「起筆順」(言葉にして声に出しながら探す;その字でよいか文章の中で確認する ほか)
第4章 付録の部分こそ宝物(“カタカナのくずし”と“扁旁くずし基準”;樹形図のような「ヘン」の変化 ほか)

著者等紹介

油井宏子[アブライヒロコ]
1953年千葉県市川市生まれ。1972年千葉県立千葉高等学校卒業。1976年東京女子大学文理学部史学科卒業。船橋市、市川市の公立中学校教諭を経て、1989年からNHK学園古文書講師。近世史や古文書を学ぶ面白さを、全国各地の講座やシンポジウムで紹介(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。