古代史入門事典

個数:

古代史入門事典

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2022年05月22日 07時16分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 390p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784490109313
  • NDC分類 210.3
  • Cコード C1521

出版社内容情報

第1章 邪馬台国と弥生時代後半の文化    
第2章 ヤマト政権の発展と前期・中期古墳文化
第3章 蘇我氏・聖徳太子の時代と後期古墳時代と飛鳥時代の文化   
第4章 乙巳の変から『大宝律令』への流れと白鳳文化
第5章 古代の地方豪族        
第6章 平城京の時代と貴族文化の誕生
第7章 平安遷都と神仏習合の起こり  
第8章 武士団の発生と村落の小領主たち
第9章 摂関政治と貴族文化の完成   
第10章 新たな皇室主導の政権を築いた院政
第11章 平氏政権と武家文化への流れ  
資料編:天皇系図、豪族・貴族系図、略年表、科学関係年表、用語小辞典、参考文献、索引

内容説明

読みやすく理解しやすい日本古代史!邪馬台国から摂関政治、院政、平氏滅亡まで―教科書では分かりづらい、時代の流れと人々の心の動きから詳細に解説した。考古学上の新発見により、この20年間で書き換えられた新たな歴史解釈を反映!

目次

第1章 邪馬台国と弥生時代後半の文化(紀元前一世紀‐三世紀前半)
第2章 ヤマト政権の発展と前期・中期古墳文化(三世紀後半‐五世紀)
第3章 蘇我氏・厩戸王(聖徳太子)の時代と後期古墳文化、飛鳥文化(五〇七‐六四五年)
第4章 乙巳の変から『大宝律令』への流れと白鳳文化(六四五‐七〇九年)
第5章 古代の地方豪族―古代日本を担った集団(1)
第6章 平城京の時代と貴族文化の誕生(奈良時代、七一〇‐七九三年)
第7章 平安遷都と神仏習合の興り(平安時代前期、七九四‐九〇〇年)
第8章 武士団の発生と村落の小領主たち―古代日本を担った集団(2)
第9章 摂関政治と貴族文化の完成(平安時代中期、九〇一‐一〇六七年)
第10章 新たな皇室主導の政権を築いた院政(平安時代後期、一〇六八‐一一五五年)
第11章 平氏政権と武家文化への流れ(平安時代末期、一一五六‐一一八五年)
付録

著者等紹介

武光誠[タケミツマコト]
元明治学院大学教授。1950年、山口県生まれ。東京大学文学部国史学科卒業。東京大学大学院博士課程修了。文学博士。歴史哲学、比較文化的視野を用いた幅広い観点から、日本の思想・文化・歴史の研究に取り組み、広範囲な分野にわたる執筆活動を展開している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

takao

1
ふむ2022/03/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19304553

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。