創元SF文庫
レインボーズ・エンド〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 334p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488705060
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

バイオ研究所をのっとる計画を進める中でウサギが重要なターゲットと狙い定めた相手こそ、75歳の高名な詩人ロバートだった。ウサギは彼を、研究所に隣接するサンディエゴの大学図書館に誘導する。そこでは現存する本をすべて細断し、独占的にデジタル化するという暴挙がなされようとしていたのだ。反対運動が激化する中、計画の裏側で、ウサギは雇い主の思惑をこえた行動に…。ヒューゴー賞・ローカス賞受賞。

著者等紹介

赤尾秀子[アカオヒデコ]
津田塾大学数学科卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

きいち

24
久しぶりのSFだった。テクノロジーにより実現した主人公の二度目の自我獲得。普通にサスペンス(謎は回収しきらないが)だけれど、でも、そうやって複数回の人生を生きることができるのは、ソーシャルキャピタルに恵まれた一握りの人間だけ、という世界造形と考えるとディストピアか。◇虹の終わりってことは向こう側の端っこ?うまく言えてるようなそうでないような。◇ただ、少しずつ姿をあらわす高齢女子たちの姿はとても魅力的。2019/08/04

すけきよ

7
♪ぼ、ぼ、ぼくらは老年探偵団~。小説としては地味なんだけど、この未来の描写に引き込まれる。あるかもしれないことを書くのがSFなら、まさにこの作品は、今現在の空気感から見えそうな情景。これは今と同じく、シンギュラリティに向かっている最中の物語なんだよね。世界中のネットワークとコンピューティングが高速化する中で、まだ世代間は完全には別物にはなっていない。しかし、確実に次の段階へと進もうとしている、その夜明け前の一瞬の静寂を描いたと考えると、見事だと言うべきなのかなぁ。ホントに、予想外に地味なんだけど。2009/04/17

roughfractus02

5
本書のミステリと教養小説の2つの物語が合流する気配はない。おそらく、ウェアラブルコンピュータを装着し、ユビキタスネットワーク内にある大学にいる老人が、19世紀的人間ではなく、21世紀的マンマシン・システムだからだ。そしてこのシステムが人間のふりをした物語は19世紀小説の体裁で、人間と人間の生み出す技術のend(目的=終末)へと進む。作者はこのendを80年代に「技術的特異点(Technological Singularity)」と呼んだ。それが人間も物語も越えるのであれば、物語はその前夜までしか描かない。2018/12/12

スターライト

4
う~ん、何だか近未来の家族の肖像を描くのに、図書館を舞台にした騒乱だの、新兵器開発のヒントだのが使われている感じ。図書のデジタル化とかは作者の重要な関心事でもあるのだろう。タイトルにもっと深遠な意味があるのかと期待したが、そうでもないようだ。それとも虹が「七」色なのと、ヴィンジが「7」年ごとに長篇を発表することにひっかけて、もうそんなに待たせない=「エンド」にするっていうヴィンジの意気込みか(違)。ちょっと肩透かしだった。2013/06/08

poppen

4
プレ〈特異点〉にある未来の日常を描くことに重点が置かれた分、ストーリーに少々盛り上がりが欠けているというのが正直な感想。もうちょっとアクションシーンやエスピオナージュ要素が読みたかった気がする。とはいえ、SF者のツボを突くイーガン・サッカーのようなSFネタや、ピング(ping)やレイヤー、ルータ、ノードなんてテクニカル・ワーズがなんの説明もなくぽんぽん飛び出すあたりにはニヤニヤさせて貰った。一般読者にはちょっとツラいが、SF属性な人にはオススメ。2009/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/138849

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。