創元SF文庫<br> 火星の秘密兵器―合本版・火星シリーズ〈第3集〉

  • ポイントキャンペーン

創元SF文庫
火星の秘密兵器―合本版・火星シリーズ〈第3集〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 925p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488601416
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

円熟の境に達した著者による3作を収録。恐怖の金属分解光線を武器に火星征服を企てる帝国に、青年軍人が不可視の飛行艇で立ちむかう『火星の秘密兵器』。暗殺者ギルドの打倒をめざす大元帥カーターが、人知を超えた火星の月へ敵を追う『火星の透明人間』。天才外科医の創造した人造人間たちが、大湿原に独立王国を樹立する怪奇篇『火星の合成人間』。シリーズはいよいよ佳境へ。

著者等紹介

厚木淳[アツギジュン]
1930年、東京日本橋に生まれる。1953年、京都大学卒業。東京創元社取締役編集部長を経て、現在、翻訳家
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

kagetrasama-aoi(葵・橘)

8
せっかくなので、合本版でも登録。巻末の厚木淳先生の解説、読み応えあります。2018/07/30

shiro

1
一度読みはじめれば止まらず最後までかっとばしてしまう。冒険とロマン、SFとファンタジーが融合した大作。一度出てきたキャラクターの噂が作中に挿入されてたりするととてもテンションが上がる。ラス・サヴァスがいい人になっててびっくり。2014/04/05

いちはじめ

1
合本版第三集。表題作に「火星の透明人間」、「火星の合成人間」というラインナップ。相変わらず奇想が冴えるが、さすがにちょっとここまでくると苦しくなってきたような……。2001/06/25

shiro

0
二年ぶりくらいに再読。スカッとする冒険活劇。SFだけどSF要素はあんまり。透明人間ではラストだいぶはしょったなという気がするけど、それでも面白さは損なわれず。ラストのラス・サヴァスの変貌ぶりを考えるに、火星人の約束にはそれだけの重みがあるのかなーなんて想像。2016/11/26

卍ザワ

0
相変わらずの面白さ。ただ、合本とはいえ、シリーズ三作続けての通読は正直しんどかった。2012/08/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/569366
  • ご注意事項