創元推理文庫<br> アーサー王ここに眠る

個数:
電子版価格 ¥1,200
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
アーサー王ここに眠る

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年08月10日 08時13分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488516024
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

荒々しい騎馬の男たちの集団が館を襲い火を放った。燃えさかる館から逃れたみなしごの少女グウィナは、奇妙な風体の男に救われる。その男の名はミルディン。ブリテン島の統一を目指す司令官、アーサーに仕える吟遊詩人だった。言葉を操り人々の心を手玉に取る不思議な男。グウィナはミルディンの企みに手をかすことになる。カーネギー賞受賞。『移動都市』の著者がアーサー王伝説を新たな視点から語り直した傑作ファンタジイ、文庫化。

内容説明

荒々しい騎馬の集団が農場を襲い火を放った。燃えさかる屋敷から逃れたみなしごの少女グウィナは、奇務な風体の男に救われる。男の名はミルディン。ブリテン島の統一を目指す司令官、アーサーに仕える吟遊詩人だった。言葉を操り人心を手玉に取るミルディンの企みに彼女は手を貸すことになるが…。カーネギー賞受賞、アーサー王伝説を新たな視点で語り直した傑作ファンタジイ。

著者等紹介

リーヴ,フィリップ[リーヴ,フィリップ] [Reeve,Philip]
1966年英国生まれ。イラストレーターとして活躍していたが、子どものころに読んだ『指輪物語』や“ナルニア国物語”が忘れられず、自らも創作の筆をとる。デビュー作『移動都市』が大評判になり、英国のネスレ・スマーティーズ賞などいくつもの賞を受賞。四作目にあたる『廃墟都市の復活』でガーディアン賞に輝いた。また『アーサー王ここに眠る』でカーネギー賞を受賞、名実ともに英国を代表する作家のひとりとなる

井辻朱美[イツジアケミ]
東京生まれ。東京大学大学院人文系研究科比較文学比較文化専攻修了。白百合女子大学教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

みっちゃん

137
伝説とはかの如く創られ、伝えられるものなのか。狭量で野卑なだけの、まるで盗賊の頭領のような男を聖なる王に。聖剣の授受の奇跡、聖杯の探索の旅、そして王妃と騎士の道ならぬ恋までも。真の卑小な姿を知る者でさえ、その物語こそが真実、と徐々に信じていく不思議。ひと、とは見たいものだけを見、信じたいものだけを信じる、のだろうかね。2022/02/16

さつき

70
襲撃により故郷を失った少女グウィナは吟遊詩人ミルディンに拾われます。ミルディンの紡ぐ言葉により英雄譚が生まれていく様はドラマティック。物語の持つ力を存分に感じられます。現実の粗暴で利己的なアーサーを知る人々さえも魅了する英雄の冒険には、ミルディンの切なる願いがこもっていました。戦いに明け暮れる男の世界も、噂話に満ちた女の世界も体験したグウィナの愛の行方はどうなるのか?道ならぬ恋のときめきも、血生臭い復讐も、末期の夢も…人の世の何と儚いことか。だからこそ人は物語を求めるのでしょう。2022/03/02

Chikara Tonaki

10
アーサー王がただのならず者共の親分で、その可能性にかけた吟遊詩人が、その紡ぎ出す物語と情報収集・操作能力で偉大な人物に仕立てあげようとする物語を、ひょんな事で拾われた少女の視点で描いてます。何というか、お話し自体は「アーサー王って、実際きっとこんなもんだったんだろうな」と思えるものなのですが、情景描写に惹かれて読み進めさせられました。他人にオススメするか?と問われたら否と答えますが、しばらくしたら読み返していそうな気がします。2021/11/22

おゆき

2
もう一つの、あり得たかもしれないアーサー王の物語。どこにでもいる女の子が、一人の語り部と出会い、物語を紡いでいくことで、現実と幻想が渾然一体となっていく。最後には、それらが大きな流れとなって全てを押し流してしまう。人間は見たいものを見、聞きたいものを聞く生き物なんだな、と。そうであれ、と願う何者かが語るからこそ、後の世に形を変えながら、物語や伝説として残っていくのだろうな、とも。2021/09/29

sktdokusho

0
血生臭く美しい物語です。この作家の作品には美男美女の主人公は出てこない。美しくロマンチックな恋愛も愛と涙と感動のストーリーもない。それでいてとても美しい語り口と次々と展開される魅力的な展開に引き込まれて夢中で読み進められる物語です。2021/11/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18279725

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。