創元推理文庫<br> 館島

個数:
電子版価格
¥660
  • 電書あり

創元推理文庫
館島

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年07月19日 04時33分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 372p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488477011
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

天才建築家・十文字和臣の突然の死から半年が過ぎ、未亡人の意向により死の舞台となった異形の別荘に再び事件関係者が集められたとき、新たに連続殺人が勃発する。嵐が警察の到着を阻むなか、館に滞在していた女探偵と若手刑事は敢然と謎に立ち向かう!瀬戸内の孤島に屹立する、銀色の館で起きた殺人劇をコミカルな筆致で描いた意欲作。驚愕のトリックが炸裂する本格ミステリ。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

W-G

515
面白い事は面白いが、キャラ読み比重が高かった。面白いキャラの女探偵が普通に探偵してしまうのが逆に拍子抜け。メイントリックに関しては、早坂咎めあたりが「○○○そうだな」と言いそうな、そのまんま。気づく人は一発で気づく。伏線も非常にわかりやすいかたちで提示されており、自分が賢くなったような錯覚をお越し気分よく読み進められる。クローズドサークルとしての緊張感や醍醐味は無し。ユーモアミステリの調味料をまぶしているからこそ肩の力を抜いて楽しめる作品になったという気がする。続編は出ているのか?あるならば読んでみたい。2017/08/16

パトラッシュ

243
物語は設定が第一。ロミオとジュリエットが憎み合ったり、ラスコーリニコフが富豪の息子ならば、どんなドラマになったか。核となるトリックの効果を最大限に生かす設定が必要な新本格ミステリでは、読者を納得させる設定に作家が苦心してきた。誕生から40年近くたち普通に考えつくものはほぼ使い尽くされて、SF的要素を取り入れた特殊設定物が出る一方で古典的な物理トリックを追求する流れも絶えなかった。その一頂点たる本作は周到な伏線と探偵はじめユニークなキャラの力で、大胆な奇想トリックに本格物の風格をまとわせるのに成功している。2022/11/27

青乃108号

216
372ページあるのにすぐ読める。読みやすさを追求した為だろうが全編に渡る軽妙なセリフのやり取りのうち3割方ぐらいは無駄話と言って良く、俺としてはどうでも良い部分だった(正直、全部スベッていた)のでばっさりカットしてトータル260ページぐらいにしてもらいたかった。ミステリーとしては謎解明の為のヒントの出し方があからさまであり、鈍い俺でもあと一息のところまでは辿り着く事が出来たが、一歩上を行かれ大変悔しい思いをした。もう少しゆっくり読めば良かったな。焦らなくていいのにな。2023/06/29

ナルピーチ

190
コミカル且つユーモアに溢れた筆致で描かれた物語ではあるが、ミステリとしての完成度の高さに見事にしてやられた。1980年代の瀬戸内に浮かぶ孤島。そこに建てられた館で起きた墜落事故。それから数ヵ月後に新たに発生した殺人事件と飽きることなく問題提起があり、読者に問わせてくれた。そして真相編に突入してからは驚愕の嵐!鮮やかな伏線回収とスケール感満載のトリックは読んでてとても楽しめた。異端の建築家が作った館に秘められた壮大なある仕掛けと瀬戸大橋のコラボが実に良い結末で締めくくってくれた!2021/05/31

麦ちゃんの下僕

187
うわ~やられました!トリックはイメージ通りでしたが…まさか巨大な「◯◯◯◯◯◯」だったとは!?(笑) 言われてみればそのまんまなのに、どうして気付けなかったんだろう…東川さん、改めて尊敬いたします!先に『仕掛島』を読んで面白かったので、前作であるこちらも。備讃瀬戸に浮かぶ「横島」にある六角形の館で発生した、不可思議な“墜落死”…それから半年後、その時と同じ面子+αが揃った館で、今度は連続殺人が発生する!隆行・沙樹・奈々江のやり取りがコミカルで面白いですし…“多角形の建築物”に関する蘊蓄も勉強になりました!2023/02/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/519571
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。