創元推理文庫<br> 初恋よ、さよならのキスをしよう

個数:
電子版価格 ¥550
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
初恋よ、さよならのキスをしよう

  • 樋口 有介【著】
  • 価格 ¥814(本体¥740)
  • 東京創元社(2006/09発売)
  • 文庫・児童書 ポイント2倍キャンペーン対象商品(7/21~8/31)
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年08月11日 23時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 290p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488459024
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

娘と訪れたスキー場で、柚木草平は高校時代の初恋の女性・卯月実可子と二十年ぶりに出会う。以前と変わらない美貌のまま、雑貨店オーナーとして活躍していた彼女が、再会後まもなく何者かに殺害される。実可子の姪から事件の調査を依頼された柚木は、高校の同級生を順に訪ねていくが…。事件の謎とともに、青春のほろ苦い思い出が柚木を深く悩ませる、私立探偵シリーズ第二弾。

著者等紹介

樋口有介[ヒグチユウスケ]
1950年群馬県生まれ。國學院大學文学部中退後、劇団員、業界紙記者などの職業を経て、1988年『ぼくと、ぼくらの夏』でサントリーミステリー大賞を受賞しデビュー。1990年『風少女』で第103回直木賞候補となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

セウテス

97
柚木草平シリーズ第2弾。サラッとした、爽やかなハードボイルドである。娘と訪れたスキー場で、高校時代の憧れの同級生に再会したのも束の間殺害されてしまう。彼女は殺害される前に、自分の娘に何かあったら柚木を頼る様に言い残していた。女性にとって柚木という男は、基本的な男の素直な姿とは写らないのだろうか。私は自分も含めて、当たり前の周りによく居る男の活躍が、妙に清々しい。高校時代の思い出と他人からみる現実の差や、そこから今までの歩みの差を実感する、感傷的な心持ちが何とも言えない。声だけ出演の奥様、そんな演出も良い。2019/11/19

タックン

88
探偵柚木草平シリーズ。娘と訪れたスキー場で初恋の女性実可子に遭遇した草平・・だが再会から1ヵ月に女性は殺害され草平は娘と姪からの依頼で事件の調査をすることに。美貌の実可子を中心にした男女の同級生グループかあ、それだといろんな問題があると思ったらやっぱり・・・犯人はわかりやすかったけど真相は意外だった。でも伏線でもっといろんな容疑者をあげて欲しかったな。この本で草平の壮絶な過去が明らかに!!そんな過去をもった草平の性格が少し自分に似てて共感を覚えた。姪の桂衣ともっと絡んで欲しかったな。2017/01/07

mayu

60
私立探偵第二弾。娘と行ったスキー場で高校の同級生、皆の憧れの的だった永井実可子と出会う。後に実可子が殺され、姪の早川ケイに捜査を依頼されて真相を探る…実可子に内と外があって、何でもあり、揃っていることが恨まれる一因であったかもしれない。進むに連れて実可子が仲の良かった同窓生の関係が明らかになっていく。前回 同様、柚木草平のキャラがいいなぁーと思って読了した。2019/07/14

七色一味

31
読破。ん十年ぶりに再会したと思ったら、次に相手に会うことになったのは、相手の葬式、というびっくりな展開から、初恋に対する自分なりのケリをつけるため、事件にクビを突っ込んでいくことになった主人公。まだシリーズ2冊めですが、依頼主はとびきりの美女、そして結構気が強いってのは、パターン何でしょうかね。奥さんと娘さん、特に奥さんは「声」だけの出演ながら、これまたきっと美人なんじゃないかと想像します。北本の自殺の動機が、なんか微妙だった気がしますが…。2014/05/09

aocchi

23
柚木草平の話し方が何ともクサくていい感じです。ハンフリーボガートを彷彿とさせます。 つい酒を飲みたいと思ってしまう。2016/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/545345

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。