• ポイントキャンペーン

創元推理文庫
明智小五郎対金田一耕助―名探偵博覧会〈2〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488456030
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

昭和12年の冬、薬問屋の娘の依頼を受けて、商都大阪を訪れた若き日の金田一耕助。老舗二軒の本家争いに端を発する騒動は、金田一の到着とともに異様な事件に発展する。一方、時を同じくして同地に立ち寄った明智小五郎は…。目眩くどんでん返しが連続する表題作ほか、雷鳴轟く古城で起きる不可能犯罪「フレンチ警部と雷鳴の城」など、古今東西の名探偵が大活躍の7編を収録。

著者等紹介

芦辺拓[アシベタク]
1958年大阪府生まれ。同志社大学卒。86年「異類五種」で第2回幻想文学新人賞に佳作入選し、90年には『殺人喜劇の13人』で第1回鮎川哲也賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gonta19

78
2007/4/9住吉シーアジュンク堂にて購入。 2015/7/15〜7/21 ほぼ3年ぶりの芦辺作品で8年ものの積読本。 探偵小説のパスティーシュ集第二弾。洋物の名作を実はあまり読んでいないので、イマイチ楽しめなかったが、それを抜きにしても、表題作がベストか。2015/07/21

ダイ@2019.11.2~一時休止

68
名探偵博覧会その2。短編集。表題作がやっぱりイイ。他も元ネタを知っていればもっと楽しめたんだろうけど・・・。2014/09/30

ばりぼー

44
古今東西の名探偵のパスティーシュ短編集7編。これだけ雰囲気を再現できるのは、よっぽど読み込んでいるのでしょうね、敬服します。表題作など、江戸川乱歩とも横溝正史とも読める絶妙の文体です。「フレンチ警部と雷鳴の城」の馬鹿馬鹿しいトリックも、「ブラウン神父の日本趣味」の限界ギリギリのロジックも、古典ミステリへの愛がひしひしと感じられるので、かろうじて本を投げつけるのを抑えました(笑)。「そしてオリエント急行から誰もいなくなった」なんて、タイトルだけで既にネタバレです…。また古典を読みたくなりました。2014/02/09

白い風

13
★★色んな探偵が活躍するパスティーシュ・ミステリなんですね。 パスティーシュ(文学・美術・音楽などの模倣作品。寄せ集め。ごたまぜ)って言葉初めて知りました(笑) 個人的には明智小五郎&金田一耕助だけで連作を作って欲しかった。 ただ、フレンチ警部(F・W・クロフツ)・ブラウン神父(G・K・チェスタトン)などの登場はファンには嬉しいかもね。2013/09/30

y yoshi (イツモ ホンヲ ハナシマセンデシタ)

6
『日本趣味』・『少年は怪人を夢見る』は既読。『フレンチ警部と雷鳴の城』が一番面白かった。名探偵博覧会の1作目も読んでみたいな~。2020/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/435279

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。