創元推理文庫<br> メグル

個数:
電子版価格
¥555
  • 電書あり

創元推理文庫
メグル

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月22日 21時20分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 283p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488431112
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

なぜ、あの無表情な女性大学職員は強制的にアルバイトを紹介してくるのだろう? 不思議なアルバイトがもたらす五つの奇蹟。いま注目の著者が端整に描く、連作短編集。

内容説明

「あなたは行くべきよ。断らないでね」無表情ながら美しく、奇妙な迫力を持つH大学学生部の女性職員から、突然に声をかけられた学生たち。店舗商品の入れ替え作業や庭の手入れなど、簡単に思える仕事を、彼女が名指しで紹介してくるのはなぜだろう―。アルバイト先に足を運んだ学生たちに何がもたらされるのか、厄介事なのか、それとも奇蹟なのか?美しい余韻を残す連作集。

著者等紹介

乾ルカ[イヌイルカ]
1970年北海道生まれ。2006年、「夏光」で第86回オール讀物新人賞を受賞しデビュー。07年受賞作を含む短編集『夏光』を刊行(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

おしゃべりメガネ

218
初読みの作家さんでした。5編からなる連作で、とても不思議な作品でした。ファンタジーあり、ホラーあり、ヒューマンありの非常に優れ、お得な内容です。個人的には「モドル」がとても好きで、しっとりと感動しました。「アタエル」は読んでいて‘もしかして・・・?’とは思いましたが、‘やっぱり!’となりました。でも、その‘やっぱり!’感がある意味、爽快?で下手なホラー小説より、ゾクっとさせられました。作品全体を通しては、「生と死」をあらゆる境遇の登場人物たちが、それぞれの立場でかかわり、‘再生’していく素敵な物語です。2013/10/24

相田うえお

136
★★★☆☆18087 大学の学生部厚生課奨学係で紹介されたアルバイトを引き受けた人達の五つの連続短編作品。怖〜い話だったり、奇妙な話だったり、ゾッとすり話だったり、ホワーンとする話だったり、不思議な話だったりと、次々に感情が揺さぶられてしまいます。①業務:一晩寝る。報酬:5万②業務:店舗商品入替1日。報酬:1万③業務:犬の餌やり14日。報酬:1日1万④業務:食事2時間6日。報酬:時給5千円⑤業務:冬囲い撤去1日。報酬:5千円。当方なら食べて稼げるバイト4がいいかな。いや〜、乾ルカさんはやっぱりいいですね。2018/10/02

オセロ

97
ある大学の女性職員の悠木さんが学生達に斡旋するアルバイトを巡る5つの短編集。 アルバイトの具体的な内容は明かさず、悠木さんの「あなたは行くべきよ、断らないでね。」の一言から始まり、怪綺談やホラーチックなミステリーなどジャンルはバラバラだけれど、そのどれもが学生達の悩みに寄り添ったもので。アルバイトを通じてがそれぞれの学生の成長に繋がっていく様子や、タイトルに込められた意味が分かるラストにはグッとくるものがありました。2022/09/06

けい

91
大学の学生を対象にアルバイトを斡旋する学生部が舞台。学生が斡旋により体験した摩訶不思議なアルバイトの内容を5編からなる短編で綴る短編集。短編それぞれの表題がカタカナで「・・ル」という共通点でつながります。 乾ルカさん得意とするホラーと学生の心情を描く作品で、二つの特徴が合わさるいい感じの作品。「アタエル」の様な「えっ」と言う結末から「タベル」「メグル」の様な優しい結末の物まで、幅広く楽しめる物語の数々でした。2014/06/04

えりこんぐ

89
乾ルカさんを読むのは初めて。学生課の事務員・悠木さんが斡旋するバイトは謎に満ちているものばかり。ゾクっとしたりじんわり感動したり、どれも面白かった(´▽`) 各短編を読みはじめ、これは怖いやつ??等どちらに転ぶかわからないドキドキ感がいい。他の作品も読みたくなった★2018/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6999358
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。