創元推理文庫<br> 思い出列車が駆けぬけてゆく―鉄道ミステリ傑作選

個数:
電子版価格
¥475
  • 電書あり

創元推理文庫
思い出列車が駆けぬけてゆく―鉄道ミステリ傑作選

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年07月16日 20時36分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 408p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488405175
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

ミステリ作家デビュー50周年&卒寿記念出版第2弾
ミステリ界のレジェンドが贈る
鉄道愛に溢れた、極上のミステリ短編集

「犯人は読者だ」で話題をさらった『仮題・中学殺人事件』から50年、ミステリ作家デビュー以来、本格もの、ユーモアものをはじめ、様々なスタイルの作品を提供し続けてきた辻真先。中でも、鉄道ミステリは、著者自身が長年の鉄道ファンであることも広く知られており、多くの読者に親しまれてきた。シリーズキャラクターである、トラベルライター・瓜生慎ものを筆頭に、自らも鉄道愛好家でもある、ミステリ評論家・戸田和光が選んだ珠玉の12編。すでに廃線となった路線や、企画列車なども登場する、辻ファン、鉄道ミステリファン必携の一冊。

■目次
「お座敷列車殺人号」
「夜行急行殺人号」
「ブルートレイン殺人号」
「α列車殺人号」
「郷愁列車殺人号」
「白い闇の駅」
「オホーツク心中」
「遠い日、遠いレール」
「終電車の囚人」
「鉄路が錆びてゆく」
「東京鐵道ホテル24号室 」
「轢かれる」

内容説明

新婚旅行で伊豆を訪れた、トラベルライターの瓜生慎・真由子夫妻。修善寺発、東京行きのお座敷列車に偶然乗車することになった二人は、車内で大事事件に巻き込まれてしまう…(「お座敷列車殺人号」)。他にもブルートレイン、α列車など、いまでは姿を消した懐かしい車輛、路線が登場する、“レジェンド”辻真先の鉄道ミステリから評論家・戸田和光がチョイスした珠玉の12編。

著者等紹介

辻真先[ツジマサキ]
1932年愛知県生まれ。名古屋大学卒。NHKに勤務後、『鉄腕アトム』『サザエさん』『デビルマン』など、アニメや特撮の脚本家として幅広く活躍。72年『仮題・中学殺人事件』でミステリ作家としてデビュー。82年『アリスの国の殺人』が第35回日本推理作家協会賞を、2009年に牧薩次名義で刊行した『完全恋愛』が第9回本格ミステリ大賞を受賞。19年に第23回日本ミステリー文学大賞を受賞。20年刊行の『たかが殺人じゃないか昭和24年の推理小説』が主要年末ミステリランキングにおいて3冠を獲得

戸田和光[トダカズミツ]
1960年東京都生まれ。埼玉大学卒。『ミステリーズ!』や『拳銃天使』『日影丈吉全集 別館』などの書誌情報提供をはじめ、多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

雪紫

64
「今はもうない」。タイトルが凄い綺麗。今は亡き列車や路線を舞台に、ノンシリーズから瓜生夫妻にやっぱりの克郎まで(スーパーとポテトは出ません)愛を込めて出て来る辻さんの昔の様々な鉄道ミステリ群。トリックから背景、ショートショートまで様々な後味でバラエティ豊かに、ノスタルジックにその列車を教えてくれる。過ぎ去った思い出と記録に残すミステリを。個人的好みは「お座敷列車殺人号」「α列車殺人号」「郷愁列車殺人号」「オホーツク心中」「遠い日の歌、遠いレール」「終電車の囚人」で。2023/01/30

榊原 香織

64
鉄道ミステリて日本独特ですかね 時間正確じゃないと成り立たないし。 最初が面白くなくて最後が面白いのはこの人らしい。 いろんなシリーズから短編寄せ集め。2023/01/20

のんちゃん

29
レジェンドミステリ作家辻真先先生のデビュー50周年&卒寿記念出版の作品集。鉄道ミステリ傑作選。編者は鉄道愛好家の評論家戸田和光氏。所収の作品が1983年から2011年迄の初出となっているので、現在とは変更された点が多く若い読者は少々読みづらいかも知れない。が、その頃会社勤めをしていて、役員の出張手配が仕事の一部だった私には、時刻表を用いた謎解き等、とても懐かしい感があった。毎月机に置かれる時刻表との格闘!移動時間、料金計算等の四苦八苦から私は鉄分多めの人になったのかもしれない。昭和は遠くなりにけりだ。2023/10/15

ベローチェのひととき

17
妻から廻ってきた本。12編からなる短編集。1983年から2011年の間に書かれた作品集。今では姿を消した車両や、既に廃線となっている路線をテーマとした鉄道ミステリーとなっている。鉄道ファンには堪らない一冊になると思う。どの短編もそれぞれに味があったが、個人的には「遠い日、遠いレール」「轢かれる」の2作品が印象に残った。2023/10/28

だるま

16
辻さんの長編は大体単行本になっているが、短編は単行本になっていない作品が多々ある。その中でも圧倒的に多い鉄道ミステリから、評論家の戸田和光氏(誰だ?)が選んだ傑作選。12編中、11編が単行本未収録作品になっている。長編でも活躍している瓜生慎・真由子夫妻の登場作から始まり、時刻表トリックの物、コメディタッチの物、幻想的な物など、バラエティに富んだ内容で面白かった。敢えて言えば、著者の鉄道愛が強すぎて、本筋に関係の無い専門知識が度々入るのが若干気になった。辻さんファンは、そういう事も含めて楽しいのだろうけど。2022/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/20082965
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。