創元推理文庫<br> 翳深き谷〈上〉―修道女フィデルマ

個数:

創元推理文庫
翳深き谷〈上〉―修道女フィデルマ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 02時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 328p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488218188
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

兄である国王の代理でいまだ古の神々を信奉する“禁忌の谷”に赴いたフィデルマ。だが谷の入り口で待ち受けていたのは惨殺された三十三体の亡骸だった。人気シリーズ第6弾。

内容説明

モアン国王である兄コルグーがフィデルマに与えた任務は、古の神々を信奉する“禁忌の谷”に赴き、キリスト教の学問所を設立する折衝をして欲しいというものだった。だが、エイダルフを伴い谷に向かうフィデルマを待ち受けていたのは、生贄のごとく並べられた、三十三人の若者たちの亡骸だった。七世紀のアイルランドを舞台に、美貌の修道女フィデルマが活躍するシリーズ第六作。

著者等紹介

甲斐萬里江[カイマリエ]
早稲田大学大学院博士課程修了。英米演劇、アイルランド文学専攻。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

南北

45
シリーズ長編6作目。今回はフィデルマは兄の国王から「禁忌の谷」にキリスト教の学問所を設置するための交渉を行う使節として赴く。しかし「禁忌の谷」では生け贄のように並べられた33人の若者たちの遺体を目にすることになる。「谷」の族長が進めようとしないため、肝心な交渉は行き詰まったままだし、同行したエイダルフは二日酔いになって役に立たないしと、事態は思うように進まない。ただ裁判官でも弁護士でもないフィデルマは新鮮だった。2021/07/25

Nat

33
この巻から、キルデアのフィデルマからキャシェルのフィデルマになった。33人の若者たちの亡骸の謎は解けず、エイダルフは二日酔いで頼りにならずで、この先に不安がつのる。2022/02/10

Hugo Grove

18
私はこのシリーズのファンです。新作を待ちわびていました。うーん、相変らず面白いです。さて後半へ。2014/02/02

mayumi

16
フィデルマシリーズ第6弾。今回エイダルフは二日酔いでほとんど役に立ちません(笑)。キリスト教は今でこそ三大宗教の一つに数えられるけれど、フィデルマの時代ではまだまだ新興宗教。新しいものに拒否反応を示す人々の気持ちもわかります。ちなみに私は一神教よりも八百万の神を好みますね。2016/05/10

星落秋風五丈原

14
カップルは相変わらずの女性上位。大切な任務の途中でカラスの群れに興味を惹かれたフィデルマが「行ってみましょう。ちょうど、私たちの進路の途中ですもの。」と言うと止められないんですね、エイダルフは。かわいそうに。斬殺された若者達の死体を見るのが痛ましいだろうと、エイダルフが彼女を気遣って「あなたがご覧になるようなものでは、ありません。」と言ったのに彼女は「では、誰の目にならふさわしいのです?」とぴしゃり。すんなりとはいかなそうなフィデルマの任務、惨たらしい死体の謎と不穏な気配が漂う中カップルだけは相変わらず。2014/02/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7715204

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。