創元推理文庫<br> さよなら、シリアルキラー

電子版価格
¥1,222
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

創元推理文庫
さよなら、シリアルキラー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 414p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784488208035
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

ロボズ・ノッドの町で凄惨な殺人事件が発生。連続殺人犯を父にもつ高校生ジャズは、内なる怪物に苦悩しつつ犯人を捕まえようとする。全米で評判の異色の青春ミステリ開幕。

内容説明

ジャズは高校三年生。町ではちょっとした有名人だ。ある日、指を切りとられた女性の死体が発見され、ジャズは連続殺人だと保安官に訴える。なぜジャズには確信があったのか―彼が連続殺人犯の息子で、父から殺人鬼としての英才教育を受けてきたからだ。親友を大切にし恋人を愛するジャズは、内なる怪物に苦悩しつつも、自ら犯人を捕えようとする。全米で評判の青春ミステリ。

著者等紹介

ライガ,バリー[ライガ,バリー] [Lyga,Barry]
1971年アメリカ生まれ。イェール大学卒業後、漫画業界で働く。2006年にThe Astonishing Adventures of Fanboy and Goth Girlでデビュー。以来YA小説を中心に作品を発表

満園真木[ミツゾノマキ]
東京都生まれ。青山学院大学国際政治経済学部卒業。翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Panzer Leader

118
幼い時よりシリアルキラーの父親から殺人鬼の英才教育を受け、精神錯乱気味の祖母・行方不明の母親・世間の冷たい目等・「ベイツ・モーテル」のノーマン以上に悪い環境にいながらもジャズがダークサイドに落ちなかったのは、本人の父親の様にはなるまいとの強い意志と、少人数ながらもジャズの心強い味方(親友・恋人・保安官)があったから。ラストのジャズの固い決意は次作以降のある人物との対決を予感させる。陰惨な事件を扱っている割に軽く読めてしまうのは若い主人公たちが 生き生きと描写されているからか。2015/08/15

Aya Murakami

106
東京創元社文庫刊行60周年フェア対象本 ソシオパス兼たぶん認知症の祖母のイネブラー役を買って出ている少年が主人公。取り巻く友人関係も血友病の少年や黒人の少女などどこかマイノリティの気配がする環境。つらい家庭環境を見限れない少年主人公の心情がつらすぎる。そして本作の犯人役(通称ものまね師)のやりくちも怖すぎる。ものまね師であってもソシオパスはソシオパスなのです。2019/08/03

セウテス

94
【さよならシリアルキラー3部作】第1弾。伝説のシリアルキラーの息子に生まれ、父の逮捕により今までの生活が一変した青年ジャズの成長物語。自分もいつか父の様になるのではという恐怖を心に持ちながらも、気のいい友や彼女、保安官らに支えられ、彼は普通でいようと努力する。彼の住む田舎町で起こった殺人事件を、父の教えから連続殺人鬼の存在を嗅ぎ取り、事件を止めようと奔走するサスペンス。17歳の青春として爽やかさも感じられ、若さゆえの放漫さや血生臭さもしっかりと描いており、加害者家族の問題としても絶妙のバランスだと思う。2022/11/03

よむよむ

94
読友さんのレビューを見て手に取りました。3部作の1作目。田舎町で指を切り落とされた女性の死体が見つかる。これは連続殺人だと死体や犯人に固執する17才のジャズ。それには訳があった。ジャズの父親は124人もの人を殺した殺人鬼で服役中であり、しかもあろうことかその父親から殺人の英才教育を受けたジャズ。父の様にはならないと思うも、ふとした心の隙間に殺人への誘惑が忍び寄る。父への憎悪と憧憬がない交ぜになり葛藤するジャズ。そんなジャズを支える親友と彼女が良い。ジャズの心の機微が丁寧に描かれていて面白かった。次も期待。2017/01/25

seacalf

77
YA物が読みたくて手に取った。 思い悩むジャズに共感出来たらページをめくるのも早くなる。『本当に人のことを気にかけているのか、それとも、そのつもりでいるだけか。』 シリアルキラーというより、魔王に近い存在だな、このパパさん。果たしてこの先ジャズは自分の能力を転生させることが出来るのか、ちょっと続きが気になるところ。2016/02/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9687930
  • ご注意事項