サルボ恭子のスープ

個数:
  • ポイントキャンペーン

サルボ恭子のスープ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月08日 00時10分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 127p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784487810383
  • NDC分類 596.3

内容説明

スープストックを使わず、水から作って、おいしいスープに!ミネストローネ、クラムチャウダーなどの「定番スープとアレンジ」、身近な材料でできる「玉ねぎ、にんじん、じゃがいものスープ」、みんなが大好きな「ポタージュ」、毎日食べても飽きない「毎日のサルボスープ」、それだけで食事になる「ディナースープ」、そして、スープと一緒に楽しむ「トーストパン」や「パスタ」と「ライス」まで。スープ作りの基本図書。

目次

定番スープとアレンジ
玉ねぎ、にんじん、じゃがいものスープ
ポタージュ
毎日のサルボスープ
ディナースープ
スープと一緒に楽しむ「トーストパン」
スープと一緒に楽しむ「パスタ」と「ライス」

著者紹介

サルボ恭子[サルボキョウコ]
1971年東京生まれ。料理家の叔母に師事したのち、渡仏。ル・コルドンブルー・パリ、リッツ等の料理学校を経て「オテル・ド・クリオン」調理場へ。当時2つ星のメインダイニングのキッチンとパティスリーに勤務。帰国後、料理研究家のアシスタントを経て独立。都内でフランス人の夫、2人の子どもと暮らす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

スープストックを使わず、水から作っておいしいスープに!定番のポタージュから、それだけで食事になるディナースープまで。
スープストックを使わず、水から作って、おいしいスープに!
ミネストローネ、コーンポタージュなどの「定番スープとアレンジ」、
身近な材料でできる「玉ねぎ、にんじん、じゃがいものスープ」、
毎日食べても飽きない「毎日のサルボスープ」、
それだけで食事になる「ディナースープ」、
そして、スープと一緒に楽しむ「トーストパン」や「パスタ」と「ライス」まで。
スープ作りの基本図書。

サルボ 恭子[サルボ キョウコ]
料理家。
老舗旅館の長女として生まれ、料理家の叔母に師事したのち、渡仏。
パリ有数のホテル「オテル・ド・クリヨン」で研修・勤務しながら、フランスの郷土料理・家庭料理に魅了される。
帰国後、料理家・有元葉子に師事し、独立。
師の有元葉子同様、素材と向き合い、その持ち味を引き出す料理を得意とし、それにフランスの郷土・家庭料理の素朴ながらも洗練された要素を加えた料理が人気。
フランス人の夫と子ども2人とともに東京に暮らし、日々の食卓を調えている。
著書に『毎日活躍!「ストウブ」で和洋中』(講談社)、『「ストウブ」だからおいしい、毎日レシピ』(河出書房新社)、『タルティーヌとクロック』『チーズの料理』(東京書籍)ほか。